ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)- 米医療保険最大手かつ三大PBM

United Health Group

米医療保険最大手のユナイテッドヘルス・グループ(UnitedHealth Group Inc)はアメリカで最大の医療保険・PBM・ヘルスケア企業の1つ。グループ全体で世界中の1億人以上にヘルスケアサービスを提供している。

2012年9月にダウ工業株30種の構成銘柄に採用された。

スポンサーリンク

ユナイテッドヘルス株価チャート

ユナイテッドヘルスの事業は大きくわけると以下の2種類。

1. UnitedHealthcare(ユナイテッドヘルスケア)
2. Optum(オプタム)

UnitedHealthcare(ユナイテッドヘルスケア)

主力の保険事業。米国メディケイド、団体医療保険、シニア向け、軍人向け、ブラジル等グローバル部門などで医療保障・給付サービスを提供する。

2005年に同業のPacifiCare Health Systems(パシフィケア・ヘルス・システムズ)を、2007年には同業の医療保険会社Sierra Health Servicesを買収。2009年に同業の医療保険会社のヘルスネットの小会社を買収とM&Aで規模を拡大している。

さらにグローバル部門では2013年にブラジル最大の医療保険会社Amil Participacoes(アミル・パルチシパソンエス)を49億ドルで買収している。

規模においては米医療保険業界で最大手である。

Optum(オプタム)

情報技術(IT)を活用した医療データ分析などの医療サービスを提供する。

2015年では同部門内の薬剤給付管理(PBM)部門のOptumRXは同業の薬剤給付管理会社のCatamaran Corp(カタマラン・コープ)を約128億ドルで買収。

買収時点でのカタマランは処方薬の処理件数でPBM業界4位、オプタムRxは業界3位。

米国におけるPBM(Pharmacy Benefit Manager)とは、医薬品のコストをおさえたい保険会社や雇用者側から契約をと...

PBMは雇用主や医療保険会社と契約して処方薬の給付を処理・管理する事業であり、製薬会社に圧力を掛けて大幅に値引きさせることで、企業や保険契約者向けに医療費の節約を勝ち取ることをビジネスモデルとしているため、PBMとして規模が大きくなることによって製薬企業がPBMの推奨医薬品リストから外されるリスクが高まり医薬品の値引きに応じやすくなり、PBMにとってはスケールメリットを活かせるためPBM業界ではM&Aが相次いだ。

カタマラン自体が度重なる小さなM&Aで大きくなったPBMであり、そのカタマランを飲み込んだのがユナイテッドヘルスです。カタマランとオプタムRxを統合させ薬剤給付管理事業の価格交渉力を向上させています。

ユナイテッドヘルスの業績推移グラフ

米国医療保険業界の競合企業

ウェルポイント(WLP)
 ―WellPoint Inc.
 ―同業アメリグループ(Amerigroup Corp.)を買収
ヒューマナ(HUM)
 ―Humana Inc.
エトナ(AET)
 ―Aetna Inc
 ―同業コベントリー・ヘルスケア(Coventry Health Care)を買収
シグナ・コーポレーション(CI)
 ―CIGNA Corporation
 ―同業ヘルススプリングを買収
ヘルス・ネット(HNT)
 ―Health Net, Inc.
センティーン・コーポレーション(CNC)
 ―Centene Corp.
ウェルケア・ヘルスプランズ(WCG)
 ―WellCare Health Plans, Inc.
 ―ミュンヘン再保険から米メディケア(高齢者医療保険)部門ウインザー・ヘルス・グループを取得
モリーナ・ヘルスケア(MOH)
 ―Molina Healthcare, Inc.

米PBMの競合企業

エクスプレス・スクリプツ(ESRX)
 ―Express Scripts Holding Company
CVSヘルス(CVS)
 ―CVS Health Corp
プライム・セラピューティクス
 ―Prime Therapeutics

スポンサーリンク

シェアする

みんなの投資分析とコメント

  1. 匿名投資家 より:

    現時点ですとPBM業界1位のエクスプレス・スクリプツと2位のCVSヘルス、そして3位のユナイテッドヘルスの3社でPBM市場の70%ほどを占めますね。となるとこれ以上の合併は厳しいでしょうね。

    UNH 2014年10-12月期 第4四半期決算

    純利益: 1株当たり1.55ドル
    前年同期: 1.41ドル
    市場予想: 1.50ドル

    売上高: 334.3億ドル
    前年同期比: 7.4%増
    市場予想: 331億ドル

    会員総数: 8850万人
    前年同期: 8820万人

    高齢者医療保険メディケア・アドバンテージ会員数: 年間1万5000人
    メディケイド(低所得者向け医療保険)会員数: 100万人

    ともに増加傾向。

    続いて先月開示された同社決算も以下でおさらい。

    ユナイテッドヘルス 2015年1-3月期 Q1決算

    純利益: 1株当たり1.46ドル
    市場予想: 1.35ドル

    売上高: 357.6億ドル
    前年同期比: 12.8%増
    市場予想: 346.3億ドル

    ユナイテッドヘルスケア部門 11.5%増
    Optum部門: 14.7%増

    3月末時点ではグループ全体を合わせた保険の加入者数が前年から1410万人増えてついに1億150万人と1億の大台超えました。

  2. 匿名投資家 より:

    共和党はオバマケア(医療保険制度改革法)の廃止に動いており、その場合のメディケイド減少などのインパクトをどうユナイテッドヘルスが受け止めるのかというところですかね。

    ただもう1つの柱である(そして売上が伸びている)PBMは医療費削減の世界的潮流にあっているので、こちらで補えるとは思います。

    もちろん、オバマケア成立時点でロビー活動のおかげである程度は骨抜きにできましたし、またうまいこと民間医療保険業界が結託して圧力かけるんでしょうね。持続可能性を考えるとPBMに力をいれたほうが吉と見ますのでカタマラン買収は良い買収になったとおもいます。プレミアムも安かったですし。