アメリカ部について

アメリカ部は、アメリカ株を中心とした投資情報を中心に、幅広く投資感度・資産運用のアンテナを広げていくためのブログ+Twitterで相互補完する二本柱で構成されています。

皆様がアメリカ部で得られるもの

  1. 株式投資に関心があるならカバーしておきたい米国株に関する情報が得られる
  2. 投資に関心がなくてもAmazonやWalmartなど知っているようで知らなかったアメリカ企業や周辺のビジネスモデル・企業戦略に詳しくなる
  3. 優良企業の決算資料やIR情報の興味深いところを数分でつまみぐいできる

当アメリカ部ブログ
主に米国企業の分析・業績まとめ・投資やビジネスで参考になる情報の提供

アメリカ部Twitter
情報を精選し、できるだけ多くの人が楽しめるよう配慮した米国株・市場分析の最新情報

アメリカ部Facebook
Twitterと一部重複する内容と、アメリカ部の売買報告(記事の公平性のための情報開示用)

米国株決算マン
米国優良企業や話題の企業の決算を中心とした情報提供

アメリカ部のスタンス

IVVやVOO(VTI)など米国S&P500ETFや米国除くETF(VXUS)などインデックス投資を年齢と収入に応じたキャッシュ比率に気をつけてほったらかし投資し、あとは本業(自分の事業やサラリー)に集中するもヨシ

個人に優位性が少しある優待小型株をコツコツ集めるもヨシ

連続増配配当株を集めるもヨシ

プラットフォームとなっている(持続可能性のあるエコシステムを形成している)グローバル企業をおさえていくもヨシ

アメリカ部は「手数料が高額な有象無象の投信」を批判することはあるが、インデックス投資も個別株投資も無配グロース株も高配当株投資も連続増配株投資も新高値ブレイク投資術も逆張り投資も日本株も米国株も中国株も優待投資も、特定の投資法のみに囚われず(また、他人に押し付けず)全て取り入れられるものは取り込み、思考停止せず常に学び進化し続け、マーケットからも学ぶ姿勢を取り続けるスタンスで、まずは全ての米国優良企業のビジネスの進捗状況を専門家レベルまでカバーできるようになることもマイルストーンとしている。

“アメリカ部”なので、主に優良株の多いアメリカ株のIR資料を読み込むことが多く、学ぶものがあればそこでのインプットから面白い・有益な情報を抽出してアメリカ部でアウトプットしている。
(そのため記事化=買い推奨ではない。投資を推奨するものではなく、ビジネス状況を知るためのもの)

企業分析したところで確実に成果が出るわけではないが、それでも、少しずつ優良ビジネスの一部(株式)を所有することで代わりに働いてもらうことができる、ということは自分以外の柱になると考えている。

それでは、なにかのキッカケになる記事を提供できるよう持続可能性のある範囲で(自分の関心のある範囲で)頑張ってまいりますのでよろしくお願いします。

ナカノヒトのプロフィール

アメリカ部の中の人、ナカノヒト(仮)は
設立者らに飽きて放置されたアメリカ部を、紆余曲折を経て託された元アメリカ部のWP係。
投資歴十数年の三十代前半投資家。
不動産を除く1億3700万円の資産(2017年10月時点)は、内訳としては会社経営による入金投資法の寄与も大きかった。
ただ、起業⇒投資との相乗効果で全体であわせて見ると貧困層あがりのコネ無し、マネーリテラシー0から自分で事業も株式投資もトライ&エラーで学び続け、途中崖っぷち経験を何度かヒヤッとしたりストレスで病を患ったりしたものの、30代前半にしては総合的には高いパフォーマンスをあげることはできたと思う。

主に成長株、米国連続増配株投資、インデックス投資、優待小型株、中国株、グロースから高配当株まで、と○○投資家という括りはない。括りは縛り、頑なにならず時には朝令暮改で永遠に学び続けるスポンジ野郎でい続けたい。

投資は時間が味方なので、早いうちに運用額を肥大化させておくことが有利に働くはず。持病を抱えているのであと50年以上の超長期投資ができるよう医学の発展を願うばかり。

経済状況と投資先の経営状況(方向性)と決算を常に確認し、それに応じて売買も行うので長期投資家を自負しているわけではない。
理論的には税の繰り延べ効果を狙った方が良いのだが、自分がビジネスを行う代わりに資金を配置しているイメージで投資しているので、当初の投資理由が無くなったらバッサリ見限る。
1 優良企業のビジネスの一部(株式)を所有し代わりに働いてもらう
2 市場に居続ける
と、基本的には市場に居続ける(ある程度のキャッシュを市場に投入したままにする)ことは重視しているので全体としては長期投資ではある。

以下は設立から現在までの経緯なので読む価値無しです。

アメリカ部の運営

当初は、途中まではアメリカ株情報コメント共有サイトというコンセプトで、アメリカ株好きの友人・知人数人がナカノヒトのブログの影響で始めたアメリカ部。当時投資ブログ開設が流行っていた。
船頭多くして船山に登る…すなわち音楽性の違いによって(ブログ熱が冷めて)誰も書かなくなる。流行りで始めた感があり、コメント欄はほとんどがメンバーの内輪備忘録でしかなかったのすら飽きたようだった。
閉鎖はモッタイナイと、結論からいえば途中から参入要請・諸事情でナカノヒトが入るが(開設時、旧陣営の手とり足取りWPの設置・助言やロゴ作成などは手伝っていたし、その延長でAmazonやウォルマートの記事などは趣味の延長で書いていたがあくまで寄稿だった。)
正直いえば「個別株記事は需要がないのは自分のブログでの経験上分かっている」「Seekingαでいいじゃん」とナカノヒトは考えていたことと、後述の理由で乗り気ではなかったのだが
紆余曲折を経て、自分のポートフォリオの定点観測のついでで自由にさせてもらっていいなら引き継ぐよと、Seekingαでいいじゃん合意に基づき新生アメリカ部として「米国株コメント共有サイトからテキトー米国株考察サイト」に方向性が変わる。
広告出してみてもサーバ代ひいたら赤字じゃないかという貧弱なトラフィックも、なるほどこりゃ放棄するなと納得で、準備期間を経て2017年6月からは本格的にナカノヒトのみでの運営に切り替わる。ブログの更新頻度とTwitterのテイストが変化したのもその影響。

そういった経緯なので、あくまでナカノヒトが米国優良株のビジネス進捗状況をフルカバーできるようになるための勉強プロセスそのものを可視化するためのアウトプット実験場としてお付き合いください。

以前運営していたブログではオフ会絡みでアチラ系の人に絡まれてストレス源となり、その人物に絡まれたくないあまりに適当な理由を書いてヤケクソ的な閉鎖をしてしまった(病気もきっかけではあったが閉鎖する必要はなかったがそれくらい疲れていた…)、Twitterなどで絡まれても出来る限り見知らぬ人との馴れ合いは避けるようにしているので愛想が悪いと思われてもご容赦ください。

小さいながらも企業経営のつらさを知っているからこその株式投資

2015年に当方の会社が買収され、現在はほぼ暇な超零細個人事業主。
事業売却キャッシュは2015-2016年の相場下落時(Brexit等)にあらかたつぎ込む。
理由は、優良企業のビジネスの一部のオーナーとなること(株式投資)によって自分が経営する代替としたいため。

ストレスしかなかった会社経営から解き放たれて、本当によかった。
前のブログでも書いていた通り、これからは好きなことを追求していきたい。
正しくは「好きなことをやっていたつもりが、好きなこと変わってしまって、苦行になった」なので”好きを仕事に”している人はご注意ください。

頻繁に身体がストレスで急に低体温化するなど相当キてたので、だから病を2つも罹ってしまったんだと思う。
通常、事業は売りたい時に売れるものではないので、買い手が現れた時にスムーズに移行できるよう準備しておいたのがよかった。
前ブログでもずっとこの事業はやめたいと言っていたのは事実だったし、学生以来はじめて「休日」が出来た…それまでは年中無休みたいなものだった。

ボラティリティ高い事業かつ小さい企業なのでおこがましい話ですが、経営して痛感したのは優良企業の優良っぷりがどれだけ稀少なのかという点ですね。
見通しの良さからの長期計画がたてられることの素晴らしさよ…
自分が経営者としては凡愚であることは途中で悟ってしまったので、延々とキャッシュを米国優良企業を中心にシフトしてきた。
日本の優待株や中国株やわずかにアセアン株も投資している。

ポートフォリオの変動はFBで逐一報告しています。

アメリカ部のコメント欄は、他の読者が見て記事を補足するようなコメントではなかったり、無関係なコメントや攻撃的な投稿やトラブルにつながる投稿は申し訳ないですが反映されません。

プライバシーポリシー

当サイトではGoogle Analyticsによるアクセス解析にてアクセスログを保存しています。
アクセスデータは、サイト運営のための分析のために使用するものであり、
アクセスログから得られる情報からは当サイトで個人の特定はできません。
また当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。
当該広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、
当サイトや他サイトへのアクセス情報(個人情報は含まれません) を使用することがあります。
詳しくはこちら(Google Privacy Policy)をご覧ください。
 

お問い合わせ

担当 アメリカ部のナカノヒト

原則、Facebookページから承っております。
下記メールフォームからも可能ですが仕様がまだよく分かっていないので返信は保証できません。

シェアする