アメリカ部について

アメリカ部は、アメリカ株を中心とした投資情報を中心に、幅広く投資感度・資産運用のアンテナを広げていくためのブログ+Twitter(FB)で相互補完する二本柱で構成されています。

皆様がアメリカ部で得られるもの

  1. 株式投資に関心があるならカバーしておきたい米国株に関する情報が得られる
  2. 投資に関心がなくてもAmazonやWalmartなど知っているようで知らなかったアメリカ企業や周辺のビジネスモデル・企業戦略に詳しくなる
  3. 優良企業の決算資料やIR情報の興味深いところを数分でつまみぐいできる
  4. アメリカ部が実際に公開ポートフォリオで1億円を一般的なアメリカ株投資で運用していく成功と失敗をリアルタイムで反面教師にできる

アメリカ部のスタンス

IVVやVOO(VTI)など米国S&P500ETFや米国除くETF(VXUS)などインデックス投資を年齢と収入に応じたキャッシュ比率に気をつけてほったらかし投資し、あとは本業(自分の事業やサラリー)に集中するもヨシ

個人に優位性が少しある優待小型株をコツコツ集めるもヨシ

連続増配配当株を集めるもヨシ

プラットフォームとなっている(持続可能性のあるエコシステムを形成している)グローバル企業を少しおさえておくもヨシ

アメリカ部は「手数料が高額な有象無象の投信」を批判することはあるが、インデックス投資も個別株投資も無配グロース株も高配当株投資も連続増配株投資も新高値ブレイク投資術も逆張り投資も日本株も米国株も中国株も優待投資も、特定の投資法のみに囚われず(また、他人に押し付けず)全て取り入れられるものは取り込み、思考停止せず常に学び進化し続け、マーケットからも学ぶ姿勢を取り続けるスタンス。

アメリカ部らしく、優良株の多いアメリカ株のIR資料を読み込むことが多く、
その企業に投資するにせよしないにせよ、学ぶものがあればそこでのインプットから面白い・有益な情報を抽出してアメリカ部でアウトプットしている。
(そのため記事化=買い推奨ではない。投資を推奨するものではなく、ビジネス状況を知るためのもの)

企業分析したところで確実に成果が出るわけではないが、それでも、少しずつ優良ビジネスの一部(株式)を所有することで代わりに働いてもらうことができる、ということは自分以外の柱になると考えている。

それでは、なにかのキッカケになる記事を提供できるよう持続可能性のある範囲で(自分の関心のある範囲で)頑張ってまいりますのでよろしくお願いします。

後述の通り、アメリカ部の運営陣は一枚岩ではないので、突然更新しなくなったらお察しください。

三宮のプロフィール

設立者らに飽きて放置されたアメリカ部を、紆余曲折を経て託された(後述)アメリカ部のWP係。
投資歴十数年の三十代前半投資家。
不動産を除く1億3000万円の資産(2017年4月時点)は、内訳としては会社経営による入金投資法の寄与が大きかった。

私への虐待(実父による)が原因で離婚した母子家庭で貧困な幼少期を過ごす。
書くと長くなるので何度もあった人生の修羅場については省略するが決して平坦な道ではなかった。
学生時代は主にビジネス書を大量に読んで、そこで得た知見から起業→事業の買収ゴールまで無事完了し、好きなことをやって生きていく方針に切り替える。
ある意味で人生最高の投資となったのは本だった。
(正確にいえば好きなことで起業したつもりだったのだが関心が変わってしまって途中から苦行になってしまった。)

主に米国連続増配株投資、インデックス投資、優待小型株、中国株、高配当からグロースまで、と○○投資家という括りはない。
本格的に運用資産が増えたのは会社経営による元手が大きくなった2011年からの加速度的入金投資法+上昇相場。
市場に居続けたことが良かっただけで、投資家としてのパフォーマンスが優れていたわけではない。
ただ、人的資本を捧げる起業も投資と見なすなら、投資との相乗効果で全体であわせて見ると貧困層あがりの30代前半にしては高いパフォーマンスをあげることはできたと思う。
もっと”スケールした”起業家仲間や上を見ればTwitterなどでも資産数億以上の超人(口だけは動かすが手はほとんど動かさないアメリカ部設立者Dr.Tanakaも)がゴロゴロいるが、気にせず生き残ること、学び、自分の冒険に集中したい。
投資は時間が味方なので、早いうちに運用額を肥大化させておくことが有利に働くはず。持病を抱えているのであと50年以上の超長期投資ができるよう医学の発展を願うばかり。

経済状況と投資先の経営状況(方向性)と決算を常に確認し、それに応じて売買も行うので長期投資家を自負しているわけではない。
(理論的には税の繰り延べ効果を狙った方が良いのだが、諸事情によりFRBのQE3終了前にいったん全売却しキャピタルゲイン税を払っている。すぐにエボラショックがおきて買い戻したが。)
1 優良企業のビジネスの一部(株式)を所有し代わりに働いてもらう
2 市場に居続ける
3 増配株によって配当金を肥大化させる
と、基本的には市場に居続ける(ある程度のキャッシュを市場に投入したままにする)ことは重視しているので全体としては長期投資ではある。

守る投資のフェーズになりつつあるので集中投資ではなく分散投資は意識している。
だったら全てインデックス投資(S&P500等)でいいではないかという結論もあるのだが(少々保有している)、基本的には直接ビジネスを所有したい。自分が持続可能性があると判断した企業達でポートフォリオを満たしたい(そのため分散投資は20社で十分という枠を超えている)。
その結果が、大きなドローダウンでも”市場に居続ける”メンタル維持につながっているので。

以下は設立から現在までの経緯なので読む価値無しです。

アメリカ部の運営

当初は、途中まではアメリカ株情報コメント共有サイトというコンセプトで、アメリカ株好きのDr.Tanakaを中心とする友人・知人数人が三宮のブログの影響で始めたアメリカ部。当時投資ブログ開設が流行っていた。
船頭多くして船山に登る…すなわち音楽性の違いによって(ブログ熱が冷めて)誰も書かなくなる。最初シェイク・シャックの記事から始める時点で流行りで始めた感があり、コメント欄はほとんどがメンバーの内輪備忘録でしかなかったのすら飽きたようだった。
閉鎖はモッタイナイと、結論からいえば途中から参入要請・諸事情で三宮が入るが(開設時、旧陣営の手とり足取りWPの設置・助言やロゴ作成などは手伝っていたことから)
正直いえば「個別株記事は需要がないのは自分のブログでの経験上分かっている」「Seekingαでいいじゃん」と三宮は考えていたことと、後述の理由で乗り気ではなかったのだが
紆余曲折を経て、自分のポートフォリオの定点観測のついでで自由にさせてもらっていいなら引き継ぐよと、Seekingαでいいじゃん合意に基づき新生アメリカ部として「米国株コメント共有サイトからテキトー米国株考察サイト」に方向性が変わる。
Tanakaら旧アメリカ部陣営は気まぐれアドバイザーに。たまに記事を書いてくれるらしいが…。

余談:貸した金がかえってこないどころかブログを閉鎖する羽目になった話

アメリカ部を引き継ぐ前のブログの読者さま、その節はお世話になりました。
ということであの頃、会社経営のストレス、病、ブログ関係でうんざりすることが重なり、ヤケクソになって閉鎖してしまったブログのことについて振り返ってみる。

以前、投資系ブログを運営していたが、親しい(と思っていた)Aさん(いい人)に紹介されてブログ読者になっていたらしいその友人Bさんの投資の相談にのったりしていた延長線で(中略)Bさんにお金を1ヶ月後に返すから貸してほしいとお願いされ、ついAさんの友人なら大丈夫かなと思ってしまって断れず、結果、貸したお金を逆手にとられ、返してもらいたいから縁も切れず、いつも意味不明な理由で先延ばしでお金貸して返してくれない人に、さらにお金を貸してくれないからイラついてるのか不愉快なコメントで煽られたり(IP一致)ブログは書く気がしなくなり、さまざまな被害に遭う中(Aさんにも借りていたようなのだが…気まずくなりAさんとも疎遠に。なんとなくAさんに借りていたお金を返すために自分が貸したお金が使われたような気がしている)、会社経営のストレスも重なったのがいけなかったのかしらないがとある病気に罹ったことをキッカケとして、このままだとこの問題を抱えたまま治療に専念できるわけがないと(このあたりでストレスでヤケになって錯乱状態)関係を完全に断つために、他のブロガーとの関係も犠牲にしてブログは閉鎖していた。
(AさんとBさんに影響がないようにぼかしているので伝わりづらいかも…)
深くは言えない被害を終わらせるために旧ブログの途中から閉鎖時も含め事業関連では特に情報にダミーを混ぜています。(意味なかったけど)

面と向かってお願いされると断れない性分が弱点すぎた。(会社経営でもこれが長らくかなりマイナスだった。)
その人にお金を貸してしまったのを逆手にとられ、お金を返してくれないどころかもっと貸してくれないと逆に返せない流れを作ろうとするものだから、旧ブログの事業が不調うんぬんは「事業も不調だからお金は貸せないんだ」という風にするためのダミーみたいなもので(意味なかったけど、恥ずかしながら当時はストレスでどうにかしたいという気持ちが空回ったのだろう)、関係ない方にはご心配をおかけした方々には申し訳ありません。実際は事業はちゃんとExitできました(後述)。
結局貸したお金は諦めて、関係・接点を完璧に断絶することを最優先にした結末でした。最初から貸したお金を諦めて「損切り」しておけばややこしい状態やストレスで錯乱状態にならずに済んだシンプルな話。ブログも閉鎖しなくてよかったのにストレスでどうかしてた。お金返して…(AA略)

お金を貸したら、そこから相手はなぜか催促される度に被害者面して、期日がきたから催促すると逆ギレされたりそこから大変な目にあうことがあるんですね…
メアドも変えたし、お金も諦めたし、時間も経ったので、もう病的にしつこくつきまとわれることはないとは思うのだけれど、
復活したよ~とかTwitter等でも言えないのは、被害を断絶するためとはいえ、Bに諦めてもらうために書いたヤケクソ文章でブログを閉鎖して自分が思った以上に心配させてしまった負い目もあり、
(病の件は、当初死ぬかとビビったほどの状態にはならず、短期決戦で終わり、お騒がせした感も恥ずかしくてブログを復活できなかった。ただ、別の地味な治らない病を併発してしまい、そちらに関しては治る気配皆無。将来の薬次第。たまにアレですが普通に生活できます。)
閉鎖→復活とかかまってちゃん感がハンパないし、なんとなくあのブログは復活しないままでいる。

心配をおかけした(かもしれない)Twitterの人やブロガーさんらに復活の挨拶をしようにも、覚えてないじゃね感と、逆に挨拶されても困るだろというのもあるし、このアメリカ部のアカウントも旧陣営同梱で私物化するのもどうかというのもあり、どうしたものかと思っている間に時間だけが経ってしまっていた。今更感に恐縮です。
いずれにせよ、人に疲れたところはあり、しばらく関係が広がりすぎないよう気をつけたいのでTwitter等では昔のような絡みはできるだけ禁じています。

それでも言おう。
ソロモンよ!私は帰ってきた!!と。

で、正直アメリカ部はSeekingα好きの自分には不要なサイトだと認識していたし、コストも気になったが
(アメリカ部を完全に引き継いだ2017年時点でもサーバー費1000円すら捻出できない赤字で)
病状最悪期からは特に米国株のアニュアルレポート等を読み漁るのは趣味化していたし(バカ正直に全部読んでないですよ。飛ばし読み)、なんだかんだ本格参入前もなんか書いてとゲスト投稿でアメリカ部には少しポストしていたし、そのままの流れで頼まれると断れない性分が発動し暫定で引き継ぎました。こりてないなこれは。

でもようやく色々な意味で傷がふさがって、事業売却のあと精神状態もスッキリしてきたので、あのブログすら再開できる気持ちに傾いており、それゆえアメリカ部もリハビリがてらやろうかという気持ちになれたところはある。
しかしアメリカ部どうしていきましょう?分かってはいたけど、米国個別株記事書いても一部のマニアックな投資家層しか読んでくれないんですよ笑
個人的にはアメリカ部は誰かにぶん投げてどうせなら自分のブログ書きたいですね。

今後

とまあ、散々な目にあったのと闘病と会社経営の一大最終イベントと、疲労困憊だった時期は色々な意味で消化しつつある。

しかし、アメリカ引き継いだものの、方針に関して合意したものの一枚岩ではないのでgdgdで、
たとえば自分のポートフォリオ(ポジション)を晒さずに個別株記事を書くのはどうかと思うのでその点で言い合いになったり、あまりスムーズな引き継ぎではありませんねぇ…
と、アメリカ部の方向性は変えつつありますが限界があります。1人が責任をもってコントロールするのとは違いますし不本意な投稿もあるでしょうから。

それでも一時期は、旧アメリカ部陣営の気まぐれなやる気再燃に影響され、やるならやらねばとアメリカ部に関して一時奮起したこともあったのですが国内でもStockClipなどアメリカ部が本来やろうとしていたことの上位種が出現したので挫折。といろいろ愚痴だらけで申し訳ない。

アメリカ部自体はおそらく続けますが、投資判断のためには実際に対象企業が出している資料を見るのが一番ですよ。
今後も皆さんのお役にたつ内容にするよう心がけますが、キッカケ程度にしてくださいませ。

引き継いだものの、どうせ書くなら、旧ブログのように幅広い話題を取り扱うのが好きだったので、アメリカ株に特化していることはかなりの縛りで正直やる気の維持が課題。
だからやっぱり旧ブログみたいなのをどうせ書くなら復活させたい。あるいは別の何かでもいいから一匹狼で書きたいですね。
とかアメリカ部に否定的すぎると怒られるので、アメリカ部も興味の範囲で続けますが、引き継いだとはいえずっとやるとは約束していない。
やべぇ愚痴書きすぎた。逆にグチることでアメリカ部のモチベを維持している感。

いずれにせよ、もう、裏的な意味でやばい人に遭遇したくないので投資家・ブロガー同士のオフ会などにも絶対に出ないぜ!

小さいながらも企業経営のつらさを知っているからこその株式投資

2015年に主力事業を売却し(2年に渡る分割かつ2年は事業をサポートする契約)、現在はほぼ暇な超零細個人事業主。
事業売却キャッシュは2015-2016年の相場下落時(Brexit等)にあらかたつぎ込み、2017年4月にキャッシュ比率10%以上に切り替える。

ストレスしかなかった会社経営から解き放たれて、本当によかった。
これからは好きなことを追求していきたい。
頻繁に身体がストレスで急に低体温化するなど相当キてたので、だから病を2つも罹ってしまったんだと思う。
通常、事業は売りたい時に売れるものではないので、買い手が現れた時にスムーズに移行できるよう準備しておいたのがよかった。
前ブログでもずっとこの事業はやめたいと言っていたのは事実でしたし。
売却したらこれくらいの価値になるだろうと見積もっていた金額より高値で売れたのは同業2社を競合させたためです。
このあたりの話はブログを新設したら書きます。三国志を読んでいてよかったと思いましたね。勝負は戦う前から決まっていた。

本題ですが、
ボラティリティ高い事業かつ小さい企業なのでおこがましい話ですが、経営して痛感するのは優良企業の優良っぷりがどれだけ稀少なのかという点ですね。
安定してEPSを7-10%上げ続けられることの素晴らしさよ…
見通しの良さからの長期計画がたてられることの素晴らしさよ…
自分が経営者としては凡愚であることは途中で悟ってしまったので、全キャッシュを2011年頃から米国優良企業を中心にシフト。
日本株や中国株、欧州株(ADR)も多少配分している。

時間を味方にできる長期投資の複利の力を記録してみたい。

コメント欄は、ほとんど誰も書いてくれなかったので、該当記事を補足する内容でアメリカ部新旧メンバーが補足コメントをいれるために一応設けています。
他の読者が見て記事を補足するようなコメントではなかったり、無関係なコメントやトラブルにつながる投稿は申し訳ないですが反映されません。

プライバシーポリシー

当サイトではGoogle Analyticsによるアクセス解析にてアクセスログを保存しています。
アクセスデータは、サイト運営のための分析のために使用するものであり、
アクセスログから得られる情報からは当サイトで個人の特定はできません。
また当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。
当該広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、
当サイトや他サイトへのアクセス情報(個人情報は含まれません) を使用することがあります。
詳しくはこちら(Google Privacy Policy)をご覧ください。
 

お問い合わせ

担当 アメリカ部 三宮

原則、Facebookページから承っております。
下記メールフォームからも可能ですが仕様がまだよく分かっていないので返信は保証できません。