シャーウィン・ウィリアムズ【NYSE:SHW】北米最大の塗料メーカー(同業の配当貴族バルスパーを買収)

Sherwin-Williams

The Sherwin-Williams Company【NYSE:SHW】
シャーウィン・ウィリアムズは1866年創業と歴史ある米国最大の塗料メーカーで、世界3大コーティングメーカーでもある。

ホワイトハウスも真っ白なランドマークであるハリウッドサインもドバイの世界一高い超高層ビルであるブルジュ・ハリファもシャーウィン・ウィリアムズの塗料によってカバーされている。

シャーウィンウィリアムズの配当金

39年の連続増配記録を持つ配当貴族。

世界のコーティング業界マーケットシェア3強の1角。

まず、興味深い事実がある。 世界3大塗料・コーティングメーカーのうち2社が配当貴族(25年以上連続増配)で、ペンキなど日曜大工...

米国最大の塗料メーカーのドミナント戦略

Sherwin-Williams-North-America-Store-Locations

北米で4268店舗と他社を圧倒するロケーション。

シャーウィンウィリアムズの米国シェア

塗料は重い。この重さがゆえに輸送コスト面で、店舗網の密度が利益率に直結するドミナント戦略によって利益を享受してきた。配送スピードおよび効率化で他社を引き離している。

Sherwin-Williams-Paints

乾きの早さ、目立たない塗りムラなど、ペイントブランドとして認知度No.1、プロから好まれる塗料ブランドNo.1、アメリカで最も信頼されるペイントブランド、インテリアペイントにおいて顧客満足度No.1

SHW-VAL

さらに36年連続増配の配当貴族バルスパー(Valspar)を2016年に93億ドルで買収している。

Valspar

バルスパーの買収によって世界マーケットシェアで3強のポジションを確固たるものにした。

SHW-VAl

SHW-VAl-International

北米中心ではあるがグローバルなサプライチェーンを強化。

世界シェアは断片化しているが各社強いエリアでドミナント戦略をとっているわけだ。

SHW-VAl-International-Location-Map

北米の建築向け塗料で圧倒的なシャーウィン・ウィリアムズだが、バルスパー買収で産業コーティング事業も強化された。

SHW-VAl-Industrial-Coatings-and-Architectural-Paint

包装塗料やコイル塗料、一般産業塗料、産業木材塗料など。

SHW-VAl-Industrial-Coatings

Sherwin-Williams-Innovation-Pipeline

シャーウィン・ウィリアムズの業績推移グラフ

それほど設備投資が必要ではないためフリーキャッシュフローを比較的安定的に生み出している。

Sherwin-Williams-Financial

シャーウィン・ウィリアムズの株価

原材料コスト増には注意だ。

シャーウィン・ウィリアムズの決算を時系列でまとめる

Sherwin-Williams ’18 Q1決算> 2018/4/24
EPS $3.57 予想 +$0.41
売上 $3.97B (+43.8% Y/Y) 予想 +$20M

Sherwin-Williams ’17 Q4決算> 2018/1/25
EPS $2.95 予想 -$0.17
売上 $3.98B (+43.2% Y/Y) 予想 +$40M

Sherwin-Williams ’17 Q3決算> 2017/10/24
EPS $4.75 予想 +$0.08
売上 $4.51B (+37.5% Y/Y) 予想 +$70M

シェアする