インテュイティブ・サージカル【ISRG】ロボット支援低侵襲外科手術da Vinci(ダヴィンチ)システムの保険適用範囲の拡がり

Intuitive Surgical
Intuitive Surgical, Inc.【NASDAQ:ISRG】
インテュイティブ・サージカルはロボット支援低侵襲外科手術技術の世界的リーダー企業。

低侵襲とは?
手術などで必要最低限の傷で済んだり、治療における患者の身体の負担(侵襲)を軽減すること。

まずは同社の製品「da Vinci」を使った高精度の動きを分かりやすくPRする以下の「ぶどうの手術」の動画をみてもらうのが早いだろう。

大丈夫。グロくない。ぶどうだ。

da Vinci(ダヴィンチ)サージカルシステムは手ぶれを防ぎながら極めて繊細な動きを3D(三次元)高解像度画像とロボットアームによって支援し複雑な手術を支援している。

低侵襲手術によって患者の術後の回復が早まり、入院日数を短縮するなど患者にとっても病院にとっても価値のある投資と同社は主張している。

また、高度な医師不足が深刻になる中で、外科医が高齢になっても現役で活躍しやすいロボット支援技術は普及していきそうだ。

高価なダヴィンチの対抗馬はいくつか出現しているが…

SenhanceやVerb、メディカロイドやリバーフィールドなど対抗馬となりそうな手術支援ロボットシステム・企業が増えてきたので特設ページで特集した。

世界における医療用ロボットおよび補助の手術機器の市場は2022年までに180億ドルに拡大すると予想されている。(Source: Bo...

このように、多くの対抗馬が出現しているが、薬事承認等を得るまでに時間がかかり、その間にダヴィンチは有効性を示しながら保険適用の範囲をじわじわとひろげて先行している。

すでにダヴィンチは前立腺がん、一部の腎臓がんでも保険が使えるようになり、胃がんなどでも臨床試験を進めている。

ISRG-Recurring-Revenue-Model

ダヴィンチは最新モデルの本体価格が2-3億円と高額。

だが、インテュイティブ・サージカルの業績を安定させているのは売上構成比率の高い消耗品・サービス収入だ。

davinci

ある程度の使用で消耗品となる鉗子(手術器具)が1本あたり十数万するのと年間メンテナンス費用などの売上比率が高く、本体が稼働している限り生み出される収入源となる。

そのため、競合が増えたところで本体価格を引き下げ、こういった消耗品で稼ぐ比率を高める戦略的オプション、つまりレーザーブレード・ビジネスモデル(本体を安く売り、消耗品や保守サービスによって継続的に利益を上げる商法)に移行することも可能だろう。(本体価格が競争上の問題となるなら)

ISRG-Installed-Base

ISRG-Total-Revenue

泌尿器科(前立腺がん等)、消化器科(胃がん等)、婦人科(子宮がん等)、呼吸器外科・胸部外科(肺がん等)と適用範囲をひろげている。

ISRG-Procedure-Trend

本体に関しても最高スペックのフラグシップモデルと安価なモデルとラインナップを充実させている。

da-Vinci-X-Surgical-System

インテュイティブ・サージカルの業績推移グラフ

(2017年はTTM)

インテュイティブ・サージカルの株価

インテュイティブ・サージカルの決算を時系列でまとめる

Intuitive Surgical ’18 Q2決算> 2018/7/19
EPS $2.76 予想 +$0.26
売上 $909.3M (+19.8% Y/Y) 予想 +$31.74M

Intuitive Surgical ’18 Q1決算> 2018/4/17
EPS $2.44 予想 +$0.35
売上 $847.5M (+24.7% Y/Y) 予想 +$64.22M

Intuitive Surgical ’17 Q4決算> 2018/1/25
EPS $2.54 予想 +$0.27
売上 $892M (+17.8% Y/Y) 予想 +$41.4M

決算2週間前にすでにQ4の2桁増収見通しを発表し、株価は上昇していた。

Intuitive Surgical ’17 Q3決算> 2017/10/19
EPS $2.77 予想 +$0.78
売上 $806.1M (+18.0% Y/Y) 予想 +$52.95M

1株1000ドルを超えていた株価は2017年10月に3分割された。

シェアする