センプラ・エナジー【SRE】日本にLNGを輸出する米国の電力・天然ガス供給会社

Sempra-Energy

Sempra Energy【NYSE:SRE】
センプラ・エナジーはカリフォルニア州とテキサス州を中心とした電力会社で、天然ガス供給において米国最大級の公益事業会社でもあり、メキシコに天然ガスパイプラインを張り巡らせ、LNGプロジェクトでは日本にも輸出予定

スポンサーリンク

ウォーレン・バフェットが欲しがったテキサス州最大の送電会社を買収

最近ではテキサス州の送電会社オンコー買収でウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイの入札に競り勝った(正確にはこれ以上の価格は出すつもりはないとバフェットが降りた)米国の電力会社として話題となった。

Sempra-Oncor

Oncor(オンコー)はテキサス州最大の送電会社で、1000万人の顧客に電力を供給している。

SRE-EPS-Mix

SDG&E(San Diego Gas & Electric Company)
サンディエゴ・ガス&電力会社
SoCalGas(Southern California Gas Company)
南カリフォルニアガス会社

などカリフォルニア州(サンディエゴはカリフォルニア州の都市でセンプラ本社がある)の天然ガス関連事業が大半を占める構成。

これにオンコーが加わる。もともとカバーしていたセンプラエナジーのテキサス州周辺事業とのシナジー効果が期待できる。

また、2017年後半の操業開始予定から大幅に遅延していたLNGプロジェクト(キャメロンLNG)が2018-2019年から稼働予定で、世界のLNG需要をカバーできると見ている。

日本も深く関わる100億ドルのキャメロンLNGプロジェクト

米国で採掘された天然ガスは、北米では気体のままパイプライン経由で運搬されるが、船舶を使って輸出する場合は、天然ガスをマイナス162℃以下に冷やしてLNG(Liquefied Natural Gas)としてコンパクトに液化加工しなければならない。

そのための液化プラントを米国ルイジアナ州に建設し、米国産天然ガスを原料とするLNGを日本など海外へ輸出する事業がキャメロンLNGプロジェクトだ。

このLNGプロジェクトの事業会社Cameron LNGにはセンプラが50.2%出資し、残りは日本郵船+三菱商事の合弁会社と三井物産とGDFスエズ(フランスガス公社”GDF”とスエズが合併)がそれぞれ出資した共同プロジェクトとなっている。

このプロジェクトによる年間最大1200万トンのLNGを液化加工受託者として三井物産、三菱商事、GDFスエズが引き取る液化委託契約となっている。

つまり、日本の原発事故後の「官民一体でエネルギー資源の安定確保」に向けた取り組みの1つで、同様にオイルメジャーのシェブロンのウィートストーンLNGプロジェクトに日本企業が共同で参画し、このキャメロンLNGは三井・三菱経由で東京電力、東京ガスなどに供給される。

もともとキャメロンLNG基地は2009年から稼働した”LNGを海外から米国に輸入する受入基地”だったのだが、米国でシェールガス革命が起こったことによるIN/OUTの逆転によって、パイプラインや貯蔵タンクなどの既存設備を活用しながら輸出目的に転換(液化能力を持つプラントの建設等)することになった経緯がある。

Cameron-LNG

キャメロンLNGからセンプラ・エナジーが期待している債務返済後のキャッシュ生成能力。

Sempra-LNG

その他、さらなるLNG輸出能力の拡大が期待されている。

Sempra-Texas-and-Mexico

その他、メキシコのパイプラインや再生可能エネルギー事業や、ペルーで32%と最大シェアの電力会社「Luz del Sur」、チリで7%のシェアで3位の電力会社「Chilquinta」など国際的に事業を展開。

また、カリフォルニア州の電力会社といえばおなじみカリフォルニア州の山火事による責任問題での暴落リスクについて。

2017年10月のカリフォルニア州の山火事でカリフォルニア州の電力会社PG&E【NYSE:PCG】が損害賠償問題で暴落したばかりだ。

センプラも2007年の山火事に関して2億ドルの費用を計上している。電力会社の最大の敵は自然災害であり、ハリケーンの影響も受ける。

センプラ・エナジーの業績と決算

2021年までのビジョンでは、年10-11%のEPS成長、年8-9%の増配を想定している。

センプラ・エナジーの業績推移グラフ

*2017年度はTTM

増配記録は公益事業セクターにしては長くないが今のところ増配中。

<センプラ・エナジーの株価>

2017年第3四半期決算

EPS $1.02 予想 -$0.03
売上 $2.68B (+5.5% Y/Y) 予想 +$30M

スポンサーリンク

シェアする