ユニバーサル・ディスプレイ【OLED】有機ELの豊富な特許とライセンス収入で高利益率

OLED

Universal Display Corporation【NASDAQ:OLED】
ユニバーサル・ディスプレイ・コーポレーションの解説と業績・決算のまとめ記事。

ディスプレイ…ときくと競争が激しく儲からないイメージかもしれないが、ユニバーサルディスプレイは工場を保有してディスプレイを生産する会社ではない。

有機EL・材料に関する圧倒的な特許王としてLGなどのようなディスプレイメーカーにライセンス供与しロイヤリティ収入を得るモデル。

What-is-an-OLED

OLED=Organic Light-Emitting Diode(有機発光ダイオード)

というと耳慣れないが、要は有機ELのことだ。

有機ELによって低電力で環境にやさしいディスプレイが実現でき、有機ELはディスプレイだけではなく照明業界も含め幅広く採用されている。

ユニーバーサルディスプレイはファブレスで(工場を持たず)最先端の有機EL技術、有機EL材料とサービスを開発・製品化し、そのライセンス先企業への技術移転、パートナー企業と技術の共同開発を行う。

OLED-partner

有機ELディスプレー用の発光材料(燐光材料)を開発した米ユニバーサル・ディスプレイ・コーポレーションは基本特許を所有しており、有機EL材料業界でシェア1位を維持するため2016年にはドイツBASFの有機EL関連の特許を買収するなど特許ポートフォリオを固めている。

というのも有機EL材料市場は、特許こそが競争力の要であるため。

AMOLED Display Market Potential

OLED Panel Area Demand

スポンサーリンク

ユニーバーサルディスプレイの業績推移と決算

決算の度にこの記事に更新・追加予定。

OLED-revenue

<ユニーバーサルディスプレイの株価>

2017年第3四半期決算

ユニバーサルディスプレイ決算 $OLED
EPS $0.28 予想 +$0.16
売上 $61.7M (+104.2% Y/Y) 予想 +$14.6M

スポンサーリンク

シェアする