Pivotal Software【NASDAQ:PVTL】クラウドネイティブのソフトウェア開発プラットフォーム

Pivotal Software

Pivotal Software, Inc. (NASDAQ:PVTL)
ピボタル・ソフトウェアは企業のソフトウェアの構築方法を変革するプラットフォームを提供するベンダー。

企業のデジタルトランスフォーメーション圧力は日に日に高まっており、Pivotalはその変革を支援する企業。

クラウドネイティブのソフトウェア開発プラットフォーム Pivotal Cloud Foundry(PCF)

Client-Server-to-Pivotal-Cloud

Pivotalは、アジャイル開発(当初の要求仕様通りにはならない開発プロジェクトの変化を想定した機動力のある開発スタイル)と親和性の高いクラウドネイティブなソフトウェア開発プラットフォーム Pivotal Cloud Foundry(PCF)を提供している。

Pivotal-Cloud-Foundry

PCFはオープンソースのPaaS基盤ソフトウェア「Cloud Foundry」ベースのエンタープライズ向け商用版PaaSソフトウェアで、アジャイル開発と親和性が高い。

PaaSとは?
PaaS: Platform-as-a-Service

アプリケーションを構築・実行するためのリソースが揃ったプラットフォームをインターネットを介して(従量課金や継続課金などで)サービスとして提供。

アプリケーションの作成・テスト・デプロイ、運用・管理やそれに関わるライセンスやサーバ、ミドルウェア、開発ツールなどの調達・設定管理・セキュリティの複雑な作業を排除し、開発に集中できるようにする。

PCFを利用することで開発期間の短縮だけでなく、継続的な改善もしやすくなる。

実行環境はAWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、VMware vSphere、OpenStackなどあらゆるクラウド環境で、企業がプライベートクラウドでもパブリッククラウドでもマルチクラウドなアプリケーション実行を可能にしベンダーロックインを排除できるユニークな立場にあるという。

Pivotal-Customers

GEやフォードなどフォーチュン100企業の半分近くが、Pivotalのクラウドネイティブ・プラットフォームを採用。

Pivotal-Customer-Success

解説が長くなりすぎるので省略するが、PivotalはPaaSだけではなくコンテナオーケストレーション(CaaS:Containers as a Service)や、サーバレスコンピューティング(FaaS:Function as a Service)など、PaaS、CaaS、FaaSを1つのパッケージで提供する「Pivotal Cloud Foundry 2.0」にプラットフォームを進化させている。

Pivotal SoftwareのKPIと業績の最新データを整理

Pivotalはサブスクリプション売上高の伸び率を強調している。

Pivotal-Margins-and-Operating-Expense

Pivotal-Revenue-and-Subscription-Customer-Growth

全体として販管費は絞っており、成長と利益をうまくバランスできるかどうかと、企業に深く入り込んだユニークなポジショニングから何を繰り出してくるのかは注目する価値があるだろう。

Pivotalのアジャイル開発サービス Pivotal Labs

PCF-Labs-Synergy

アジャイル手法を軸としたアプリケーション開発の推進「Pivotal Labs」は、アウトソーシングと違い、数名でチームを組んで対面で共同で作業を進める。

PCFとのシナジーが高い。

主要株主がDELLとなったPivotalの歴史

Pivotalは2013年にEMC、コンピュータ仮想化のパイオニアVMwareからスピンアウトして誕生した。

DELLがEMCを買収したことでDELLはPivotalの主要株主となっている。

また、Microsoftやフォード、GEなどもPivotalに出資している(フォードやGEはPivotalの主要顧客でもある)。

EMCやVMwareの傘下の事業の一部を統合してPivotalがスピンアウトした経緯から、以下のような構成となっている。

Cloud-Foundry_Spring_RabbitMQ_Greenplum

Javaアプリケーションをクラウドで利用しやすくし、アプリケーションの開発・展開を迅速化するフレームワークであるSpring(2009年にVMwareが買収)

オープンソースのメッセージプラットフォームのRabbitMQ(2010年にSpringが買収)

オープンソースのPaaS基盤ソフトのCloud Foundry(2009年にSpringが買収)

構造化データが得意な次世代ビッグデータ分析のためのデータウェアハウスのGreenplum Database(EMCが2010年に買収)

膨大なデータを複数のサーバのメモリ上で分散して管理することでデータアクセスの高速化とスケールアウトを容易にするインメモリデータグリッドのGemFire(VMwareが2010年に買収)

…などクラウド・ビッグデータ時代に強いプロダクトを傘下にしている。

Public-Cloud-Services_PaaS-Market-CAGR

PaaSの市場規模は拡大傾向。

Pivotal-ISV-Ecosystem

ISV(サードパーティーの独立系ソフトウェア開発ベンダー)とのエコシステム形成。

たとえばDevOpsツールなどのPCFのアドオンサービスをISVが提供するPivotal Services Marketplaceによってプラットフォームを差別化している。

ピボタル・ソフトウェアの株価

ピボタル・ソフトウェアの決算を時系列でまとめる

Pivotal Software ’19 Q1決算> 2018/6/12
EPS -$0.10 予想 +$0.03
売上 $155.74M (+28.5% Y/Y) 予想 +$15.3M
サブスクリプション $90.1M (+69% Y/Y)

Q2ガイダンス
売上 $157M~$159M (コンセンサス: $152.81M)
サブスクリプション売上高 $92M~$93M
営業損失(Non-GAAP) -$23M~-$22M

FY19ガイダンス
売上 $642M~$649M (コンセンサス: $622.03M)
サブスクリプション売上高 $380M~$384M
営業損失(Non-GAAP) $96M~$91M

オープンソースベースでベンダーロックインを排除するというポジショニングをしている企業としてはレッドハットが知られている。

Red Hat, Inc.【NYSE:RHT】 レッドハットは世界的なオープンソースソフトウェア&サービス、エンタープライズITソ...