テンセント決算まとめ

Tencent-Earnings-Results

Tencent(騰訊):中国株/香港市場【銘柄コード0700】

騰訊控股(テンセント)の2018年1~3月期決算についてまとめます。

テンセントについてはすでに解説記事を書いているのでこちらも参考にしてください。

Tencent(騰訊):中国株/香港市場【銘柄コード0700】 テンセントは世界最大のゲーム会社で中国最大のメッセージング・決済プ...

テンセントの決算を時系列でまとめる

Tencent ’18 Q1決算> 2018/5/16
売上高 735億2800万元 (+48% Y/Y) 市場予想は710億元
純利益 232億9000万元 (+61% Y/Y) 市場予想は175億元
営業利益 306億9200万元 (+59% Y/Y)

Tencent-2018Q1-20180516

人民元(RMB)建てだと分かりにくいが純利益は日本円でおよそ4000億円という規模感。

Tencent-2018Q1

まだまだゲーム事業が全体の4割を占める。

逆にいえば世界最大のゲーム会社でありながら6割のゲーム以外の事業が成長している。

その他事業(決済ソリューション事業および関連する金融サービス、そしてクラウドサービス事業)の売上高が前年同期比111%増となっている。

まだ小さいがテンセントのクラウド事業も伸びている。中国のクラウドのシェアの約半分は競合アリババのクラウド事業だ。

Tencent-2018Q1-Value-Added-Services

ゲームや動画ストリーミングサービスの有料課金などで構成されるVAS(付加価値)事業の売上高が34%増の468億元。

すでに10億人突破が報告されていた中国最大のメッセージプラットフォームである微信(WeChat/Weixin)のユーザー数は3月末時点で10億4000万人。中華圏でかい…

Tencent-2018Q1-Social-Networks

インストール不要というApp Storeディスラプターのミニプログラム(小程序)の拡大がテンセントでチェックしたい項目だが、ミニゲームによっても牽引されている。

3月下旬にサードパーティのゲーム開発者向けのプラットフォームを開設し、現在500種類以上のミニゲームが利用可能。

スマホでレジ無し決済を可能にするScan-to-Buyも気になるが、米国だとちょうど似たような仕組みのサービスをウォルマートは撤退してるんだよね。コストコやサムズクラブみたいな会員制クラブとかもっと仕組み化したプラットフォームじゃないと厳しそうだがどうか。

Tencent-2018Q1-QQ-KanDian_Weishi

ニュースフィードサービスのQQ KanDianは8000万人以上のDAUを達成。Toutiao対策?

テンセントのミニビデオ共有アプリ「WeiShi」もQQ KanDianのようなニュースフィードと相性がよく伸びていきそうだ。

Tencent-2018Q1-Global-Leadership

若干その他のパイプラインが遅延しているものの、話題のバトルロワイヤルゲームのPUBGの中国における独占運営権をテンセントが取得、さらにPUBGのスマホ版を開発。

また、そのPUBGよりも勢いのあるフォートナイトはテンセント子会社のEpicGamesが開発しており、Twitch(Amazonが買収していたライブストリーミング配信プラットフォーム)で最も視聴されているゲーム

FortniteはPCとコンソールで4000万人以上のMAU(月間アクティブユーザー数)もある。

Tencent-2018Q1-Smart-Phone-Games

スマホ向けが68%増。

看板スマホゲームである王者栄耀(Honour of Kings)はDAUが2桁成長。

レーシングゲーム「QQ Speed Mobile」が人気を集めており、Q1の中国iOS売上チャートで2位になった。

スマホゲームで世界ランク1位のテンセントは良いポジションにいるだろう。

Tencent-2018Q1-PC-Client-Games

PCゲームは前年同期から横ばい。これはもう世界的にPCゲームの成長は鈍化しスマホゲームシフトしているのでこんなものだろう。

PCゲームといえばライブ配信との相性の良さだが、テンセントはDouyu(斗鱼)とHuya(虎牙)という主要なゲームライブストリーミングプラットフォームに投資しており、プロモーションで連携している。

Tencent-2018Q1-Online

広告事業は55%増の106億元。

動画広告の収益は、動画再生回数の増加による広告閲覧数の増加とクリエイティブ広告フォーマットの強化で前年比64%増加。

友人の投稿が時系列で表示される「Weixin Moments」における広告表示回数を増やすなどが牽引しソーシャル・その他広告は前年比69%増。

Tencent-2018Q1-Online-Video

自主制作とライセンス制作による品質の高いコンテンツを予算をかけて投入したことで、モバイルの1日の動画再生回数は前年比で60%以上増加。

ビデオ加入者収入を前年比で85%伸ばした。

テンセントビデオの競合はバイドゥ(Baidu:百度)傘下のiQiyi(爱奇艺)とアリババ傘下のYouku, Tudou(优酷, 土豆)など。

Tencent-2018Q1-Income

Tencent-2018Q1-Segment-Gross-Margin

Tencent-2018Q1-Margin-Ratios

Tencent-2018Q1-Operating-Expenses

Tencent-2018Q1-Capex_Free-Cash-Flow

とりあえず速報で、補足予定。