パロアルトネットワークス【PANW】クラウド型の次世代セキュリティプラットフォーム

Palo Alto Networks

Palo Alto Networks, Inc.【NYSE:PANW】
パロアルトネットワークスはクラウド型の次世代セキュリティプラットフォームで伸びている米国のセキュリティ企業。

異なるセキュリティベンダーの孤立した従来のシングルポイント製品をつぎはぎしたセキュリティシステムの運用は複雑かつ高額。

それに対しパロアルトはネットワークとエンドポイント(接続された端末、PCやスマホ等)、クラウドそれぞれにセキュリティ製品を展開し、それらを連携させることでネットワークと端末の双方がセンサーとなり包括的な脅威対策を可能とする。

そしてパロアルトは次世代セキュリティプラットフォームを他のセキュリティベンダーをも巻き込むことでさらに進化させた。

スポンサーリンク

パロアルトネットワークスの第三次進化形態 ⇐今ココ

PANW-Evolution1

パロアルトがネットワーク向けセキュリティソリューションをSaaS(Software as a Service:必要な機能だけサービスとして利用可能な形態)として一元的に提供した第一形態。

PANW-Evolution2

さらに第二形態ではネットワーク向けに加えて、エンドポイント、IoT(Internet of Things)、クラウドを包括的にコスト効率のよい独自のアーキテクチャで大量のサイバーセキュリティデータを処理するSaaSサービスとして提供。

そしてパロアルト完全体と思われる第三進化形態では、パロアルト以外の企業(サードパーティー:第三者企業)のセキュリティサービスも吸収するセキュリティプラットフォーム戦略を構築。

Palo-Alto-3rd-party

米パロアルトのマーク・マクローリンCEOはこう言った。

高度化するサイバー攻撃にはセキュリティベンダー1社では対抗できない(他社と連携するプラットフォームを構築すべきだ)
– Palo Alto Networks Day 2017

このセキュリティプラットフォーム「アプリケーションフレームワーク」では顧客企業はパロアルトのサービスだけでなく他のセキュリティ企業の提供するサービスからも必要な機能を選択できる。

つまりパロアルトもサードパーティも収益化できるのがアプリケーションフレームワークだ。

パロアルトのプラットフォームである必然性とは

他社がわざわざパロアルト主導のプラットフォームに対応するセキュリティサービスを開発してくれる理由はどこにあるのか?

それはパロアルトが持つセキュリティビッグデータと顧客へのリーチ力にある。

ログ解析やマルウェア検知において必要なデータ量(ログ・脅威データ)をパロアルトが大量に保有しており、サードパーティは、その脅威インテリジェンス・外部脅威フィードなどのビッグデータを活用し4万社のパロアルト顧客にリーチできる。

自社でビッグデータを確保するのが難しい(コストのかかる)セキュリティベンチャーにとってはパロアルトのビッグデータを活用することで自社の強みに集中できる。

このプラットフォームではパロアルトのセキュリティサービスもサードパーティ製品と共に顧客の選択肢として並ぶため、例えるならAmazonサイト上で消費者はAmazonからも買えるし他社からも買えるような、マーケットプレイス戦略に似ている。

顧客にとってはパロアルトがまだカバーしきれていない他デベロッパーのセキュリティ機能も含めてシンプルに、つぎはぎではなくワンストップで選択できるようになるため利便性が高まる。

このアプリケーションフレームワークには標的型サイバー攻撃対策に強いCrowdStrike(クラウドストライク)、フィッシング対策に強いPhishMe(フィッシュミー)、マシンデータ分析に強いSplunk(スプランク)、エンドポイントセキュリティ対策で強いTanium(タニウム)、脆弱性管理に強いTenable(テナブル)、IBM、HPE Aruba(HPEアルバ)など強力なサードパーティがAPI経由で自社アプリを開発予定。

2014年には脅威インテリジェンスの共有のためのサイバー脅威アライアンス(Cyber Threat Alliance:CTA)をフォーティネットとパロアルトネットワークスが立ち上げ、初期はその他マカフィーとシマンテックを合わせて4社が加盟。

そのためサイバー脅威情報を大量に持っているだけでは差別化要因とならなくなった。

しかしパロアルトは早くからそういった情報を囲い込むのではなく共有し「プラットフォームで勝つことに注力しており、先行していた。

パロアルトの次世代セキュリティプラットフォーム「アプリケーションフレームワーク」によってサードパーティの脅威インテリジェンスも統合し、さらに感知の範囲を拡げることができ、ネットワーク効果も高まるだろう。

サブスクリプションが伸びるパロアルト

Palo-Alto Subscription

Palo-Alto-to-Subscription

サブスクリプション(継続課金)とサポートなどの予測可能性の高い安定的売上比率が増えたことが大きい。

パロアルトは長年赤字だが、それが問題ではない理由はここにある。

見通しの良い潤沢なキャッシュフロー成長を元に、まだまだ目の前にとれるシェアがある以上、積極的にキャッシュを回転させて先行投資している状況。

Palo-Altoの競合

パロアルトは競合よりも高い売上成長をとげている。

セキュリティ市場のマーケットシェア
1位 シスコ 15.9%
2位 パロアルトネットワークス 14%
3位 チェックポイント 12.6%
4位 フォーティネット 10.6%
5位 ジュニパーネットワークス2.2%

Palo-Alto-peer-per-customor

パロアルトの顧客あたりの売上は突出。

プラットフォーム戦略(この場合クロスセル戦略の上位互換)によってさらに伸びる可能性もある。

パロアルトの戦略的パートナー

パロアルトネットワークスとは各方面で戦略的にパートナー企業と協業している。

たとえばワークフロー・オーケストレーションで第一線のクラウドサービスのサービスナウと連携することで脅威イベント検知から始まる一連のフローを自動化し、セキュリティ対応に必要なアクションが一カ所でできるようになっている。

パロアルトネットワークスでサイバー防御を自動化した上で絞られた、人間が注意を払う必要のある脅威のうち1%についてをどう対処するかのワークフローをサービスナウで仕組み化するということ。

パロアルトネットワークスとサービスナウの戦略的提携
Source: Service Now

パロアルトネットワークスの業績と決算

Palo-Alto-Free-Cash-Flow

赤字だがキャッシュフロー成長と高いマージンに注目。

これだけ伸びているビジネスなので、最優先の資金配分先は自社のビジネスへの投資(R&D)で、2番目に買収、3番目の自社株買いとしている。

パロアルトの業績推移グラフ

<パロアルトネットワークスの株価>

米国外比率も60%以上で顧客のセクターも分散している。

契約の維持・更新率も満足度も高く、安定して顧客が定着している。

セキュリティ市場の成長率は年間7.9%(2020年までの予想)

2017年第3四半期決算

EPS $0.74 予想 +$0.05
売上 $505.5M (+27.0% Y/Y) 予想 +$16.5M