ナスダック【NDAQ】未公開株取引市場などの事業の多角化とブロックチェーンへの取り組み

NASDAQ

Nasdaq, Inc.【NASDAQ:NDAQ】
ナスダックは米国の証券取引所運営会社。

米国のNASDAQを中心に世界で24の取引所を運営。ライバルであり世界最大の株式市場であるNYSE(ニューヨーク証券取引所)のような立会場もなく、証券会社間による相対取引の電子取引所となっている。

1971年に世界初の電子株式市場としてベンチャーを中心とした証券取引所として地盤を築き、買収によって規模拡大・事業多角化を行っている。

スポンサーリンク

NASDAQのビジネスモデル

NASDAQ-Recurring-business-mix
収入の主な柱は取引手数料、情報サービス・ライセンス手数料、上場サービス。

投資家の現物株の売買ボリューム頭打ちや競争激化による手数料収入減少で、買収などによって収益源の多様化を行っている。

主にサブスクリプションに基づくサービスに注力することで収益の安定化をはかっている。

NASDAQ-Information-Services

資産運用業界において、独立したデータ提供や分析の高度化ニーズが高まっており、売買アルゴリズムのバックテストを行うために必要なデータ、リアルタイムデータフィードなどNASDAQは大量のデータを保有している。

2017年には投資家向け情報サービス会社イーベストメントを7億500万ドルで買収。

同社の運用会社・ヘッジファンドの運用成績などのデータ提供や分析サービスが機関投資家の上位90%に提供されている。

パッシブ投資ブームでインデックスのライセンス収入も増加。

NASDAQ-Market-Technology

取引所や規制当局、ブローカー向けに市場監視ソリューションを提供するSMARTS買収などで補強。

NASDAQ-Market-Services

eSpeedの買収により、ナスダックは現在、米国債電子取引市場大手に。

オプションや先物などもカバーし、競合のCBOECMEに遅れてしまったがビットコイン先物参入も検討。

NASDAQ-Corporate-Services

NYSE同様、NASDAQ上場維持費用などのリスティング・フィーも毎年入ってくる安定収入源の1つ。

また、ユニコーン企業と呼ばれる未上場でありながら評価額10億ドル以上の規模のスタートアップが増えるなど、スタートアップの上場までの潜伏期間が長くなっており、上場(ロックアップ解除)まで待てない株主に流動性を提供できる、未公開株取引市場「ナスダックプライベートマーケット」を提供している。

ナスダックプライベートマーケットは、FacebookやリンクトインのIPO前の株式を取り扱ったことで知られるシェアーズポストと合弁(NASDAQが大部分を出資し、現在はNASDAQが完全なオーナー)し、さらに買収した同業のSecond Market Solutionsを統合した未公開株取引市場。

またコスト削減のため、このナスダックプライベートマーケットにブロックチェーン技術を取り入れる実験を行っている。

なお、NASDAQは2012年にトムソン・ロイター(NYSE:TRI)のIR・広報支援事業を3億900万ドルで買収しており、これにより顧客の電話会議やプレスリリースおよび広報など、IR支援サービスも提供。

米国だけではないNASDAQの存在感

2007年5月にスウェーデンの証券取引所運営会社OMXと経営統合している。

スウェーデン: ストックホルム証券取引所
フィンランド: ヘルシンキ証券取引所
デンマーク: コペンハーゲン証券取引所
リトアニア: ビリニュス証券取引所
ラトビア: リガ証券取引所
エストニア: タリン証券取引所

電子国家ビジョンで先行するエストニアではブロックチェーンへの取り組みも積極的で、NASDAQも同国でブロックチェーンの実験をしている。

また、シンガポール証券取引所(SGX)は、ナスダックの技術を利用し、さらにSGXとNASDAQの両取引所に二重上場できるよう提携している。

NASDAQの激しい競争

取引所は寡占のように見えて、私設取引所など新興勢力との戦いが激化している。

主に世界最大の株式市場ニューヨーク証券取引所(NYSE)を運営するインターコンチネンタル取引所(NYSE:ICE)と私設取引所として売買シェアの高いBATSを買収したCBOE

その他警戒されているのは新興勢力のIEX(the Investors Exchange)のシェア拡大だ。

証券市場の民主化でNYSEとNASDAQ以外の証券取引所が乱立する中、超高速取引(HFT:High frequency trading)による中抜きが行われていると指摘した書籍「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」で有名になったIEX

IEXはダークプール(私設取引所)からスタートし2016年に公式な取引所として米証券取引委員会(SEC)から承認を受けた。

超高速取引アルゴリズムの問題点を指摘するIEXは、HFTから投資家を保護するため取引速度を意図的に遅らせる仕組み「スピードバンプ」を導入した取引所で、シェアを伸ばしている。

スピードバンプの仕組みはHFTに対し反応が遅いトレーダーでもその瞬間の競争を均等化するために株式注文を350マイクロ秒減速させるもの。

しかし、そのスピードバンプを模倣するNYSEの仕組みもすでにSECに承認されており、私設取引所のシェア拡大もあわせ競争がまだまだ激しくなりそうだ。

ナスダックの業績と決算

NASDAQ-Income

ナスダックの業績推移グラフ

売上高はさほど伸びていないが、利益率が改善、キャッシュフローが伸びる。

2013~2017年(TTM)でのNASDAQのキャッシュの使いみちは自社株買いに31%、配当金に27%、残り42%は買収と債務返済。

<ナスダックの株価>

2017年第3四半期決算

EPS $1.06 予想 +$0.04
売上 $607M (+3.8% Y/Y) 予想 +$7.42M

1980年代頃までは株式売買は仲買人(マーケットメイカー)を通じて行われていたが、取引の電子化によって競争環境が劇的に変化した。 ...
スポンサーリンク

シェアする