InsurTech(保険×テック)大手Guidewire Software決算の整理【NYSE:GWRE】

InsurTech-Guidewire

損害保険会社向けの業務用プラットフォームを提供するソフトウェア企業 Guidewire Software (NYSE:GWRE)の2018/6/5に発表されたFY18 Q3決算および今後の最新決算を逐次まとめる記事。

Guidewire Softwareの事業内容に関してはすでに以下の記事で解説している。

Guidewire Software, Inc.【NYSE:GWRE】 ガイドワイア ソフトウェアは損害保険会社に特化した業務用ソ...
InsurTechとは?
保険:Insurance × テクノロジー:Technology
(あるいは第一生命保険のようにInsTech:インステックなどと呼ぶ人も一部いる)

従来の保険業界の業務をAPIベースの連携によるベスト・オブ・ブリードの容易化やビッグデータや機械学習などテクノロジーを活用した業務の効率化、レガシーからの脱却などの取り組み。

Guidewireの売上高成長率・マージンなどの最新データを整理

R&Dが上昇、マージンが下落しているのはクラウド注力の投資の影響。2018年は特に「投資の年」とアナウンスされている。

損害保険業界でもクラウド移行が進んでおり、顧客の需要は高く、Guidewireの新規契約の多くがクラウドベースのサービスとそれに伴うサブスクリプション契約となっている。

またライセンスをサブスクリプション・モデルに転換していくため、短期的には痛みを伴う。

つまり、サブスクリプション・モデルとはLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を上げていくには適しているが、1年やそこらで投資を回収するモデルではないので移行時は見かけ上業績が鈍化しているように見える。

そのため今後はサブスクリプションの業績の推移に注目していく必要があるが、Guidewireはサブスクリプション・モデル移行に伴うメトリクスの開示はほとんど行っていない。ただ、Q4から行うらしい。現在はデータが足りないため深い考察が難しい。

サブスクリプション・エコノミーとは? Subscription=継続課金 従来の売るまでを重視する商品売り切り型と違い、継続課金...

時間がなかったのでこの辺にしてまたいつものように徐々に追記していく。

ガイドワイアの決算を時系列でまとめる

Guidewire ’18 Q3決算> 2018/6/5
EPS $0.05 予想 +$0.06
売上 $140.47M (+13.8% Y/Y) 予想 +$3.15M

カンファレンスコールではSalesforceのFinancial Services Cloudとの数年協議した上での戦略的パートナーシップに言及があった。

Guidewireはあまり他のテクノロジー企業との提携はそこまで行っていないが、それだけSalesforceのCRMソリューションのP&C業界における関心が高いということだろう。

この提携は相補的で、統合によって複雑さを解決できそうだ。

ともあれ、クラウド移行のための投資、サブスクリプション移行に伴う短期的痛みで先憂後楽となるかどうかといった決算内容だった。

Guidewire ’18 Q2決算> 2018/3/6
EPS $0.33 予想 +$0.14
売上 $163.79M (+41.7% Y/Y) 予想 +$9.57M

Guidewireの株価

シェアする