ジロー・グループ【Z】米国最大の不動産売買マッチングサービスを展開するZillow

Zillow-Group

Zillow Group, Inc.【NASDAQ:Z】
ジロー・グループは米国の不動産売買マッチングサービス最大手。

オンライン上における米国最大規模の不動産ネットワークで、米国で不動産を売買する場合に最もポピュラーなサイトがジローだ。

月間1億7000万人が利用する不動産情報プラットフォームを運営するZillow

Zillow-business-model

ジローのビジネスは不動産売買や賃貸などのマッチングプラットフォーム(情報掲載と手数料・広告収入)を中核としており、具体的には不動産売買と賃貸マーケットプレイスのプラットフォームとしてZillow以外に、買収した同業のTrulia、StreetEasy、HotPads、Naked Apartmentsなどを展開する。

その周辺領域(不動産業者向け)のブランドとしてMortech、dotloop、Bridge Interactive、Retslyなどを展開し、不動産業者のリスティング管理サービスや住宅ローン業者とのマッチングや不動産契約の効率化などの派生サービスも展開しビジネスとしてのワンストップサービスを拡大している。

Zillow-Revenue-mix

ジローの売上の7割がプレミア・エージェント(不動産仲介業者)の広告収入など。

Premier-Agent-Commissions

市場の成長以上にジローの手数料収入は増加している。

Zillow-Largest-Online-Real-Estate-Network

平均月間ユニークユーザー数は1億7000万人と伸びている。

Zillow-Mobile-Real-Estate

スマホにおいてもNo.1シェアだが、競争も激しい領域ではある。

米国不動産を取り巻く状況

ジローの業績は不動産の価格や需要から影響を受けるので、こちらもチェックしてみよう。

レナーなど米国不動産建設業者の株価が米国不動産バブル超えを果たすなど、米国の不動産は活況だった。

ミレニアル世代が動き出すなど持ち家比率が上昇したようだが、FRBの利上げ動向に注意が必要か。

ジローは日本でも”Zestimate”という機能で話題になったことがある。売りに出していない不動産の価格を算出して可視化する機能。

ジロー・グループの業績と決算

Zillow-revenue-Growth

2016年は訴訟による影響を除いた場合の数値である点に注意。

ジローの業績推移グラフ

(2017年度はTTM)

2014年ライバルだったTrulia(トゥルリア)を35億ドルで買収するなど毎年のように買収を続けてきた。

トゥルリアの買収は中でも大きい(2015年からはトゥルリアの売上も含まれる)

<Zillow Groupの株価>

ジロー・グループの決算を時系列でまとめる

Zillow Group ’18 Q1決算> 2018/5/7
EPS $0.07 予想 +$0.01
売上 $299.9M (+22.0% Y/Y) in-line

ジローはFlip=住宅をリノベして短期転売(Zillowの計画では90日以内等)するビジネスへ参入すると発表し株価が下がっていた。CFO退任を発表。

Zillow Group ’17 Q4決算> 2018/2/8
EPS $0.19 in-line
売上 $282.3M (+24.0% Y/Y) 予想 +$4.78M

Zillow Group ’17 Q3決算> 2017/11/7
EPS $0.19 予想 +$0.02
売上 $281.8M (+25.5% Y/Y) 予想 +$5.23M