レナー【NYSE:LEN】米国最大の住宅建設会社

Lennar

Lennar Corporation【NYSE:LEN】
レナーは1954年創業の米国最大の住宅建設会社で新築建売住宅に強い。

2017年10月に同業の住宅建設大手CalAtlantic(カルアトランティック)を負債含め93億ドルで買収(買収完了は2018年2月)し米国最大の住宅建設会社となった。

Lennar-CalAtlantic

CalAtlanticは米国で4番目に大きな住宅建設会社で2015年に住宅建設会社Ryland Homes(ライランド)とStandard Pacific Homes(スタンダード・パシフィック)が合併して設立された。

規模によるパワープレイと、新技術へのキャッチアップ

金利上昇・材木費など住宅建築コスト・労働コストなど向かい風はあるが、買収シナジーと規模を武器にしたバイイングパワーである程度相殺している。

Lennar-Flagship-home

Amazonと提携したEcho搭載型ホームのように、顧客が必要としそうなもの(利便性・効率化やWi-Fiのコネクティビティ)を予め組み込んで提案するのがうまい。

ホテルでAlexa搭載の連携はすでにあったが、レナーは住宅建設会社として初のAmazon提携によるスマートホームをAmazon Experience Center(アマゾン・エクスペリエンス・センター)としてショールームとして提供。

たとえば上記動画のように、スマートスピーカーのAmazon Echo、Amazonが買収していたスマートロック、スマートドアベルや、テレビ、照明、サーモスタット、カーテンなどAlexa対応製品をビルトインで構築されたコネクテッドホームを提案するというもの。

Lennarの業績推移グラフ

2011年に設立されたLennar Multifamilyは賃貸マンション物件を提供。

2017年までの5年に関しては、悪くなかったが、住宅バブル崩壊からの業績推移を見ると、相対的にいえばバイ・アンド・ホールド向きな銘柄ではなく、トレンドに注意する必要がある銘柄。

というわけで、今の住宅・建築関連の状況はどうなっているのかを少しまとめてみる。

米国住宅価格の上昇率は米国個人可処分所得(DPI)を上回っており、今が住宅の売り時と考えている人たちが米国の住宅バブル崩壊頃と同水準まで増加している。

そんな住宅価格上昇の恩恵をうけることができなかった米国の若い世代。

米国の若い世代は親との同居率が高まっていたが、ようやく最近住宅を購入する動きがあったところで金利が上昇してきた。

収入の増加ペース以上に住宅価格が上昇するとなかなかキツいものがある。

住宅価格の上昇ペースが早い。

住宅バブル崩壊以降の中古と新築のギャップが大きい。

Lennarの株価

住宅需給を表す在庫率にも注目すべき。

レナーの決算を時系列でまとめる

Lennar ’18 Q2決算> 2018/6/26
EPS $1.58
売上 $5.46B (+67.5% Y/Y) 予想 +$350M

シェアする