eBay決算まとめ【EBAY】

eBay Inc【NASDAQ:EBAY】
eBay決算のまとめ記事。

日本からは撤退してしまったのでAmazonのように話題にならないが190ヶ国にまたがるECサイトとして今も成長しているeBay

インドではeBayは6位のシェアだったがFlipkartがeBay Indiaを吸収合併。

Flipkartはインド最大級のECマーケットプレイスでeBayはFlipkartとの戦いをやめてFlipkartの出資者(5億ドル)となった。

というのもインドではインドを主要マーケットと見なして戦力を集中しているAmazonの勢いが強烈で、eBayは直接的な競争を避けた形だ。

eBayは日本でヤフオクとの競争激化を避けて撤退したように、儲かる場所で伸ばす方針だ。

撤退と記述したものの、実際は撤退したわけではなく日本では越境ECを通して販売事業者を支援している。

eBayの世界的プラットフォームを通じて日本の商品を海外で売れるようにしているわけだ。

スポンサーリンク

eBay決算サマリーまとめ

決算の度にこの記事に更新・追加予定。

<eBayの株価>

2015年にeBayからPayPal【NASDAQ:PYPL】をスピンオフしている。

2017年第3四半期決算

eBay決算 $EBAY
EPS $0.48 in-line
売上 $2.41B (+8.6% Y/Y) 予想 +$40M

eBay Earnings

2007年に買収したチケット販売のマーケットプレイス StubHub(スタブハブ)が今やチケットマスターを追撃しているほど成長ドライバーとなっている。

eBay傘下のStubHub

スピンオフ後大きな成長をとげているPayPalのようにStubHubにもスピンオフ圧力がかかることが想定される。

米国では競合のAmazonがマーケットプレイス(Amazon上でAmazon以外の企業が販売)としても伸びており、すでにAmazonではサードパーティでの販売ボリュームがAmazon自身を超えている。

Amazonはフルフィルメントサービスを強化しており、サードパーティの囲い込みが進んでいるのだ。

要旨: AmazonマーケットプレイスはAmazon以外の企業も出品できるシステムでAmazonの売上の半分を稼ぎ出す ...
スポンサーリンク

シェアする