ゾエティス【ZTS】世界最大の動物向け製薬会社でワクチンやレボリューションが有名

Zoetis, Inc.【NYSE:ZTS】
ゾエティスは動物用医薬品とワクチン、診断用製品や遺伝子検査など世界最大のアニマルヘルス企業

Zoetis-Market-Position

北米および南米でシェア1位のマーケットポジション。抗感染症薬、家畜では牛用アニマルヘルス製品でシェア1位。

スポンサーリンク

製薬会社ファイザーのアニマルヘルス部門がスピンオフして独立したゾエティス

Zoetis-story

ファイザーのアニマルヘルス部門がスピンオフされて独立したゾエティス。

ゾエティスの原点は1950年に古巣ファイザーの研究者が、現在も家畜を感染性微生物から守る抗生物質Terramycin(テラマイシン/オキシテトラ サイクリン)を発見したことから。

それをきっかけとしてファイザーが1952年に設立したファイザーアニマルヘルス事業部門では1993年に寄生虫駆除剤Dectomax(デクトマックス)を発売し現在も売れているロングセラー商品に。

Zoetie-Products

1997年発売の初の犬用非ステロイド消炎鎮痛剤Rimadyl(リマダイル)、1999年発売のノミの駆除などのスポット剤Revolution(レボリューション)、2004年発売の単回投与で効果持続の家畜用抗生物質Draxxin (ドラキシン)、2006年発売の猫の細菌性皮膚感染症の治療薬Convenia(コンベニア)、2007年発売の犬用の初の制吐剤Cerenia(セレニア)など。

300以上の製品ラインで多様なポートフォリオ。買収によってさらに補完していく意向。

過去の買収(ファイザー時代)

1995年
SmithKline Beecham(スミスクラインビーチャム)のアニマルヘルス部門を買収
ワクチンおよび小動物事業に参入

2003年
Pharmacia(ファルマシア)を買収
牛用アニマルヘルス製品を強化

2007年
Embrex(エンブレックス)を買収
家禽向けデバイスおよびワクチン分野を拡大

2008年
Catapult Genetics(カタパルトジェネティクス)とBovigen(ボヴィジェン)を買収
家畜生産者向けのDNA技術と遺伝子マーカーなど動物遺伝学領域を強化

2009年
Fort Dodge Animal Health(フォートダッジ)を買収
家禽用ワクチンを補完

2010年
Microtek International(マイクロテックインターナショナル)を買収
水産用ワクチンに参入
Synbiotics(シンバイオテック)を買収
動物用診断薬事業に参入

2013年にゾエティスとしてIPO

ゾエティスの業績と決算

ZTS-Revenue

ゾエティスの業績推移グラフ

(*2017年はTTM)

<ゾエティスの株価>

ゾエティスの決算を時系列でまとめる

<Zoetis ’17 Q3決算> 2017/11/2
EPS $0.65 予想 +$0.03
売上 $1.35B (+8.9% Y/Y) 予想 +$30M

スポンサーリンク

シェアする