コグネックス【CGNX】マシンビジョンで工場の省人化

Cognex

Cognex Corporation【NASDAQ:CGNX】
コグネックスコーポレーション決算のまとめ記事。

工場の無人化・プロセスの自動化に貢献しているマシンビジョン企業。

工場の自動化とコグネックス

マシンビジョンとは何か?
“機械の目”が画像認識することによって、位置決め、検査、計測、種別などを行うシステムのこと。

工業用バーコードリーダで高速読み取りを行ったり、製品の寸法を検査・測定したり、不良品・欠陥品を減らしたりして品質向上に貢献する。

Cognex-2D-vision-Industrial-ID

コグネックスはビジョンセンサーのリーディングカンパニーで、そのブランド力でコンピュータによる画像計測処理装置・外観検査機器において競争力があり、キャッシュ生成能力の高い企業。

コグネックスのマーケットシェア

ビジョンシステム、ビジョンソフトウェア、ビジョンセンサなどの生産自動化向け製品を提供するコグネックス。

2Dビジョンでは高いシェアがあるが、需要が拡大している3Dビジョン方面では3Dビジョンセンサー・3Dビジョンソフトウェア企業の買収によって補完している。

製造ライン自動化・省人化はもはや世界的トレンドであり、3Dビジョンの強化もさらなる高精度の要求に対応していくために必要な投資となっている。

また従来のバーコードリーダも小型化や耐久性能の向上などで使いやすさに改良を加えている。

スポンサーリンク

コグネックス決算

決算の度にこの記事に更新・追加予定。

<コグネックスの株価>

2017年第3四半期決算

コグネックス決算 $CGNX
EPS $1.03 予想 -$0.01
売上 $259.74M (+75.6% Y/Y) 予想 +$3.36M

CGNX-revenue
仕分けや検査を自動化する手段としてのロボット+ビジョン方面でもポテンシャルはありそうだ。

スポンサーリンク

シェアする