CFインダストリーズ・ホールディングス(CF)- 窒素肥料メーカー

CFインダストリーズ

CFインダストリーズ・ホールディングス(CF Industries Holdings, Inc.)はアメリカの窒素肥料会社。

2013年にリン酸塩事業を米同業肥料企業モザイク(MOS)に約14億ドルで売却し、窒素肥料生産に事業の選択と集中を行っている。

スポンサーリンク

CFインダストリーズ株価チャート

チッソの化学肥料用途と工業用途

チッソは穀物の収穫量を増やすための化学肥料の三大成分のうちの1つであり、世界の人口増加にともない需要は長期的に増加傾向にある。


農作物の収穫量を増加させることで世界の胃袋を満たしてきた肥料であるが、化学肥料のカリウムとリン酸とチッソという三大成分のうちカリウム...

CFインダストリーズは窒素肥料(尿素、硝酸塩、アンモニアといった窒素化合物による)のメーカーですが、窒素は穀物の化学肥料だけでなく産業用にも使われます。例えばディーゼルエンジンの排出を浄化(尿素SCRシステム)するために必要という需要もあります。(排ガス中に含まれる窒素酸化物にアンモニアを吹きかけると水と水素に変わる性質があることを利用)

CFインダストリーズの業績推移グラフ

CFインダストリーズの強み

CFインダストリーズのチッソ肥料生産拠点は主に米国のトウモロコシ栽培地域の中心部に近接している地の利がある(トウモロコシの肥料としてチッソも利用される)。輸入されるチッソよりも輸送コスト面での優位性がある。

窒素肥料生産には主に天然ガス由来の水素を主原料とするため安価に天然ガスを入手することができる北米という立地も同社の強みだ。北米の窒素の約4割が輸入でまかなわれており、CFインダストリーズの窒素肥料の90%が北米で生産されていることから将来的なローカルな需要の拡張余地は安定的と見られている。

同業の肥料生産大手

ポタッシュコープ(POT)
 ―Potash Corporation of Saskatchewan Inc.
 ―ポタッシュ・コーポレーション・オブ・サスカチュワン
 ―カナダの肥料企業(世界最大肥料企業)
モザイク(MOS)
 ―Mosaic Co
 ―アメリカの肥料企業
アグリウム(AGU)
 ―Agrium Inc.
 ―カナダの肥料企業
 ―以前CFインダストリーズに敵対的買収を仕掛けるも失敗
ヤラ・インターナショナル
 ―Yara International ASA
 ―世界最大の窒素肥料メーカー
 ―以前CFインダストリーズに買収を持ちかけたが破談

スポンサーリンク

シェアする

みんなの投資分析とコメント

  1. 匿名投資家 より:

    ノルウェーの肥料メーカー、ヤラ・インターナショナルがCFインダストリーズに買収提案してましたが破談してしまいましたね。合併すればヤラはさらに世界でも窒素肥料メーカーとしてのシェアを寡占できたはずでした(現在世界最大)。アグリウムもCFに敵対的買収仕掛けて失敗してましたが…

    買収を持ちかけたヤラは2010年に米テラ・インダストリーズを41億ドルで買収したんですが、この時CFは買収合戦で競り負けたんですよ。