ドクターペッパー・スナップル・グループ (DPS)- 北米の飲料メーカー

Dr.Pepper

ドクターペッパー・スナップル・グループ(Dr Pepper Snapple Group Inc.)は2008年にイギリスの菓子会社キャドバリーの飲料部門がスピンオフされて設立した。

1885年発売とアメリカで最も歴史のある炭酸飲料、ドクターペッパー(原料非公開)が同社の看板メニューで、米国、カナダ、メキシコ、カリブ海で販売しているがほとんどの売上(約90%)を米国で稼ぐ。

スポンサーリンク

ドクターペッパー・スナップル・グループ株価チャート

ドクターペッパー・スナップル・グループの製品

ドクターペッパー社の製品ラインナップ

主な飲料製品:
セブンアップ(7up)
サンキスト(Sunkist)
ペニャフィエル(Peñafiel)
スナップル(Snapple)
ドクターペッパー(Dr.Pepper)
Mott’s
カナダドライ(Canada Dry)
シュウェップス(Schweppes’s)
A&W
オレンジクラッシュ(Orange Crush)

いくつか他の飲料会社と重複している商品がある(国単位で販売権利がばらけているブランドがある)。

自社開発以外の戦略も取り入れる

DPSはプレミアムスポーツドリンクのボディーアーマー(BodyArmor)の株式を15.5%取得(2016年4月時点)しています。ライバルはペプシコのゲータレードやコカコーラのパワーエイド(Powerade)です。

BODYARMOR sports drink

その他、いくつか同様の他社に出資する戦略(Allied Brand戦略)で新興トレンドに適応している。

2017年1月末に完了したBaiの買収のようにAliied Brand戦略から完全に買収し取り込むこともある。

ドクターペッパーの2017年Q1決算と買収したbaiの成長ポテンシャル
  ドクターペッパー(Dr Pepper Snapple Group Inc 以下DPS)の2017年第一四半期決算は失望売りをくらいました。   ...

ドクターペッパー・スナップルの業績推移グラフ

ライバルであるはずのコカコーラ社もペプシコもDPSの流通のパートナー

ドクターペッパーにとってコカコーラもペプシコもビジネスパートナーです。

ドクターペッパー・スナップル・グループ(DPS)はコカコーラ社やペプシコのようにボトラー網(瓶詰業者のネットワーク)を持たないため、ペプシやコーラや独立系ボトラーにライセンス契約を結んで生産・流通を委託している。

たとえばペプシコとDPSの一部製品のライセンスを供与する20年間契約を結び、ペプシコから9億ドルの支払いを受けている(2009-)。

競合企業や関連会社

ザ コカ・コーラ カンパニー(KO)
 ―The Coca-Cola Company
 ―流通やキューリグなどの製品に相乗り
ペプシコ(PEP)
 ―PepsiCo, Inc.
 ―ペプシコも重要なビジネス・パートナーだ

スポンサーリンク

みんなの投資分析とコメント

  1. 匿名投資家 より:

    キャドバリーからドクターペッパー(DPS)をスピンオフさせたのも最近話題のアクティビストのネルソン・ペルツなんですよね。

    キャドバリーを買収したクラフトと、そのクラフトをクラフトとモンデリーズに分社化したのもペルツでしたし。

  2. 匿名投資家 より:

    ドクターペッパーのQ3決算よかったですね。

    EPS $1.08 – 市場予想を +$0.05 上回る
    売上高 $1.63B (前年比+3.2%) – 市場予想を +$30M 上回る

    ドル高の影響もないですし、炭酸の逆風があるなかで手堅いですね。

コメント投稿後は反映までしばらくお待ちください

メールアドレスが公開されることはありません。