ローパーテクノロジーズ【ROP】ニッチ市場トップ戦略の複合企業

Roper-Technologies
Roper Technologies, Inc.【NYSE:ROP】
ローパーテクノロジーズは「ニッチ市場でトップ戦略」を医療・イメージング、RF・ソフトウェア、産業技術、エネルギー計測・制御など多様な領域で展開する複合企業。

特定のニーズ(需要・顧客層)のある規模の小さい市場におけるニッチトップ戦略というのは一般的には中小企業の戦略であり、強い大企業がおさえている大きい市場では戦わないというランチェスター戦略のようなものだ。

そういったニッチトップ企業を幅広く買収することで大企業でありながら複数の多様なニッチトップ企業で構成されているのがローパーテクノロジーズだ。

ニッチ市場でトップに立ち、ストックビジネス化を進める

Roper-Technologies-CRI

ローパーはキャッシュフローの肥大化と規律ある投資(CRI)の基準をもとに、ニッチ市場でトップに立つ利益率の高い事業から生成されるキャッシュをさらにキャッシュをより効果的に生み出す事業の買収によって投資リターンを上げてきた。

Roper-Technologies-Acquire-High-CRI-Businesses

キャッシュを戦略的領域へ再投資し、その投資によって高い利益率の事業の比率やRecurring Revenue比率(俗にいうストックビジネスのように比較的安定的・継続的に収益を生み出すビジネス比率)を高めつつある。

2017年時点でRecurring Revenue比率が売上の50%以上を占める。

Roper-Technologies-Segment-Results

戦略的資本配分による買収補完もありメディカル、RF・ソフトウェア部門の利益率が高い(2017Q1)。

2017年にはプロジェクトベースのビジネス向けERP(人事管理や会計、販売など企業の基幹情報を統合的に処理)プロバイダのDeltekを買収したり、建設プロジェクトの検索・入札単価管理・マッチングサービスのConstructConnectを買収するなど、ソフトウェアの比重が高まり、SaaS事業の比率も上昇した。

医療・科学イメージング事業は、医療アプリケーションと医療用ソフトウェア、高性能デジタル画像製品など。

RF(無線周波)技術およびソフトウェア事業は無線周波数識別(RFID)通信技術や、ソフトウェアおよびSaaSベースのソリューション。

産業技術事業は、流体処理ポンプ、材料分析装置・材料微細構造検査と消耗品、漏洩検査装置、流量測定・計量機器、自動量水器。

エネルギーシステム・制御事業は制御システム、流体特性検査装置、工業用バルブと制御装置、振動センサとコントロール、非破壊検査・計測製品とソリューション。

ローパーテクノロジーズの業績推移グラフ

(2017年はTTM)

Roper-Technologies-Free-Cash-Flow

アセットライトなビジネスモデル構築を意識してキャッシュを再投資しており、設備投資も少なく、最も同社が重視している「フリーキャッシュフロー」の生成能力が高いのがローパーの特徴。

粗利益率も営業利益率も共に10年で10%引き上げられている。

ローパーテクノロジーズの株価

Roper-Technologies-Total-Return

ローパーテクノロジーズの「ニッチ市場でトップ戦略」はアメテックが電子計器・電気機械装置で同様の戦略を展開している。

AMETEK, Inc.【NYSE:AME】 アメテックはニッチな市場でトップのメーカーを買収し成長している電子計器・電気機械装置の複...

両社ともS&P500企業だ。ニッチで小型だが優秀な企業に投資したい場合にローパーやアメテックに代わりにピッカーを任せるイメージだろうか。

強いブランドを持つが買収時点では営業利益率がポテンシャルより低い(グロスマージンは高い)企業の買収後の独自メソッドによる業績引き上げを主軸とするナメック星の最長老のようなダナハーと違い、ローパーやアメテックはすでに強い利益率の高い企業を買収しているのが違いだろう。

Danaher Corporation【NYSE:DHR】 ダナハー・コーポレーションは医療診断機器・水質検査・試薬・歯科医療機器・分...

ローパーテクノロジーズの決算を時系列でまとめる

Roper Technologies ’17 Q4決算> 2018/2/2
EPS $2.70 予想 +$0.09
売上 $1.24B (+21.6% Y/Y) in-line

Roper Technologies ’17 Q3決算> 2017/10/30
EPS $2.36 予想 +$0.06
売上 $1.17B (+23.5% Y/Y) in-line

シェアする