ネットショップ作成・運用サービス Shopifyの決算まとめ【NYSE:SHOP】

Shopify-Growth-Vectors

EC構築サービス大手で成長企業のShopify, Inc.(NYSE:SHOP)の最新の業績・決算データなどを四半期ごとに追記していく記事。

Shopify(ショッピファイ)のビジネス詳細についてはすでに解説記事を書いているのであわせて参考にしてください。

Shopify, Inc.【NYSE:SHOP】 Shopify(ショッピファイ)はマルチチャネル販売が可能なクラウドベースのECプラ...

Shopifyの四半期ごとの業績と成長率

<注目ポイント>

  • 継続課金のSubscription Solutionsを決済手数料等のMerchant Solutionsが抜いた状態。
  • MRR成長率の下落の程度に注目(それでも前年比49%だが)経営陣は四半期ごとは振れ幅があり見通しは強気だと主張
  • 売上成長率(まだまだ高いとはいえ下落傾向)の減速とバランスしてマージンを引き上げていけないと、マルチプルのかねあいで株価は不安定になりがち。
  • ただ、一時的にコスト負担となっていたクラウド移行が完了し、Q4からのマージンには注目。

MRR(Monthly Recurring Revenue)とは月間経常収益、つまり毎月繰り返し月額課金で予測可能性の高い収益タイプ。

Shopifyは月29ドルから自分のネットショップを開設できるサービスで、売れても売れなくてもShopifyにとっては固定収入となる。

MRRの内訳としてはShopify Plusが23%を占める。(2018Q2時点、2017Q2は18%だった)

Shopify Plusは主に大企業向けのソリューション。(顧客はネスレやレッドブル等)

Shopify-Plus

また、Merchant Solutionsは主に販売された分だけ一定で手数料をとる決済手数料、出荷サービス、Shopify Capitalなどが含まれる。

ECプラットフォームの定番のテイクレートといってもMerchant Solutionsでは途中からShopify Capitalなど複数の事業が成長しているのであまりオーガニックに過去と比較できる感じでもない。

Shopify Capitalとは、Shopifyからビジネスの運転資金を借りることができるもの。

ビッグデータから与信、という流れはテック企業の定番だ。

マーケティング事業を補強したいAdobeがEC構築ソリューションのMagentoを買収し、競争激化か?と懸念されたShopify

Adobe Systems(NASDAQ:ADBE)の2018/6/14に発表されたFY18 Q2決算および今後の最新決算を逐次まと...

Magentoはカスタマイズ性を好む一部の大企業に好まれているが、Shopifyは管理のわずらわしさを避ける企業やシンプルさを求める個人や小規模企業に好まれているので、完全にかぶっているわけでもない。

ShopifyはSaaS型ECサイト構築プラットフォームで最大シェアで成長著しいクラウドベースのサービス。 この記事ではSho...

上記比較記事でも触れたが、ざっくりいえば所有しカスタマイズするMagentoに対し、所有・管理のわずらわしさから解放する(モノを売る本業に集中することを支援する)Shopifyという構図だった。

AdobeのMagento買収について聞かれたカンファレンスコールでShopify CEOとCOOの発言を要約すると「MagentoからはむしろShopify Plusに顧客がうつってきている。」と脅威とは見なしていない様子。形式的にはAdobeは偉大な会社なのでここからどうするのか(どうテコいれするのか)お手並み拝見といった雰囲気だった。

Shopify株価

成長率は減速しているがそれでも前年比売上高成長率60%の企業。マルチプルはすでに期待が反映されているので利益率改善シナリオを見直す場合、株価は荒れるかもしれない。

Shopifyの決算を時系列でまとめる

Shopify ’18 Q2決算> 2018/7/31
EPS $0.02 予想 +$0.05
売上 $244.96M (+61.5% Y/Y) 予想 +$10.32M

MRRの前年比の伸びがちょっと落ちた感。

コストを見てみる(Non-GAAP)と長期的には削ぎ落としてはいるが、むむむ。売上成長率の減少とマルチプルのかねあいで不安定になりがち。

Shopify-Non-GAAP-Operating-Expenses

ただ、クラウド移行が完了し、Q4あたりからはサブスクリプションマージンが改善されると決算カンファレンスコールで言及している。

Shopify ’18 Q1決算> 2018/5/1
EPS $0.04 予想 +$0.09
売上 $214.34M (+68.3% Y/Y) 予想 +$12.17M

3月からShopifyのマルチチャネルの販売先の1つに加わったInstagramでも買えるようになった国は米国や欧州主要国、オーストラリアなどで4月には約40ヶ国で利用できるようになっている。

さらに3月にはGoogle Payとの統合を開始。販売データから融資を行うShopify Capitalも伸びている。

Shopify Capitalはローンではなくキャッシュアドバンスであり、回収期間はほとんどのケースでは1年未満。

自社のデータセンターからAWS(クラウド)への移行に伴いコストの一時的な重複が負担になるが、マージンの高いShopify CapitalやShippingの伸びによる収益の多様化で相殺された。

Shopify ’17 Q4決算> 2018/2/15
EPS $0.15 予想 +$0.10
売上 $222.8M (+70.9% Y/Y) 予想 +$13.52M

Shopify ’17 Q3決算> 2017/10/31
EPS $0.05 予想 +$0.06
売上 $171.5M (+72.2% Y/Y) 予想 +$5.87M