プルーフポイント【PFPT】標的型メール攻撃対策を中心とするセキュリティ企業

Proofpoint
Proofpoint, Inc.【NASDAQ:PFPT】
プルーフポイントはビジネスメール詐欺(BEC)などの標的型メール攻撃対策に強い統合型メッセージングセキュリティ企業。

顧客数も順調に伸びている成長企業。

Proofpoint-Customer-Base

標的型ウイルス攻撃の90%超が電子メールを起点としている

Proofpoint-email

標的型ウイルス攻撃の90%超が電子メールを起点とし媒介としている。

プルーフポイントが提供するProofpoint Targeted Attack Protection (TAP)というサービスは業界リーダーのEメール保護サービス。

proofpoint-gartner-2015-secure-email-gateways
Source: Gartner Secure Email Gateways格付け

さらにプルーフポイントはネクサスプラットフォーム(Proofpoint Nexus)というプラットフォーム保護の枠組みも提供している。

Proofpoint-nexus

クラウド化の波をうまくとらえて追い風としている。

Proofpoint-product

プルーフポイントは従来のコア事業であるEメールを媒介とするウイルスやスパムからの保護だけでなく、プライバシーの保護、社内の重要情報の暗号化、メッセージのアーカイブなど複数のサービスのクロスセルによって売上を伸ばしている。

Proofpoint-multi-product

Proofpoint-multi-product-Revenue

全体的にうまく複数の付加価値をのせて成長している。

proofpoint-gartner-2017 Enterprise Information Archiving
Source: Gartner Enterprise Information Archiving格付け

Proofpoint-Customer

金融機関や医療機関などクリティカルな情報を扱う企業を中心に幅広い顧客層。

スプランクパロアルトネットワークス、インパーバ(Imperva)、特権アカウント管理のサイバーアーク(CyberArk)、マカフィーなどとエコシステムを形成。

Palo Alto Networks, Inc.【NYSE:PANW】 パロアルトネットワークスはクラウド型の次世代セキュリティプ...
Splunk Inc.【NASDAQ:SPLK】 スプランクはあらゆるマシンデータの取り込み・検索・可視化・分析を可能にするビッグ...

90%以上と高い顧客維持率のため売上見込みもたてやすく、米国比率が8割とまだまだ伸び余地があるため攻めの経営をしている(利益は後回し)。

プルーフポイントの業績推移グラフ

(2017年はTTM)

予測可能性のある売上とフリーキャッシュフローの伸び。

プルーフポイントの株価

NetscapeのCTOだったEric Hahnによって2002年に創業された。2012年から毎年セキュリティ企業の買収をしている。

プルーフポイントの決算を時系列でまとめる

Proofpoint ’18 Q1決算> 2018/4/26
EPS $0.30 予想 +$0.15
売上 $162.5M (+43.5% Y/Y) 予想 +$10.22M

コアである電子メールの保護に加え、Office 365やG Suiteなどクラウドアプリケーションの保護や、悪意のある電子メールボックスの不正使用などの自動検出など新製品を投入している。

プルーフポイントのサンドボックスとパロアルトネットワークスとの連携をよく聞く。

Proofpoint ’17 Q4決算> 2018/2/6
EPS $0.29 予想 +$0.09
売上 $145.4M (+36.1% Y/Y) 予想 +$5.91M

シェアする