マッチ・グループ【MTCH】TinderやMatch.comなどの出会い系アプリ・サービスを運営

Match Group
Match Group, Inc.【NASDAQ:MTCH】
マッチ・グループはデーティング・アプリ(出会い系アプリ)のTinderなどのマッチングサービスを運営する企業。

2015年にネット企業のIAC(InterActiveCorp NASDAQ:IAC)からスピンオフされて独立。

アプリランキング常連の出会い系アプリTinderの強さ

iOSアプリ売上上位(ゲーム以外で2位か3位で安定)に君臨する出会い系アプリのTinderは1日3000万件近くのマッチング件数のある世界的なデーティング・サービス。

Tinder-Average-Subscribers-Growth

1年で約2倍の会員増。

Tinder-2018-Super-Likeable

Tinderの新機能で話題となったのはスーパーライカブル(Super Likeable)だろう。

Tinderの特徴は左右スワイプによって相手の好き嫌いを振り分けていくことなのだが、それを機械学習させ、ユーザーが好むだろうマッチング相手を絞り込む

ユーザーの好みを学習したビッグデータによって精度が高まるならTinderのサービスとしての質は高まっていきそうだ。

Tinder-2018-Roadmap

Match Groupは多数の出会い系サービスを買収

Match

Matchは1995年にリリースされたデーティングサービス。

Match Groupは数十ものデーティング・ブランドを買収等により獲得している。

複数の出会い系アプリを使っていると思ったら全部Match Groupのサービスだってなんていうこともあるだろう。

OkCupid-PlentyOfFish

2004年に開設されたオンライン・デーティング・サービスのOkCupidは2011年にIACのMatch.com部門が5000万ドルで買収。

2003年に開設されたオンライン・デーティング・サービスのPlentyOfFishは2015年7月14日にMatch Groupが5億7500万ドルで買収。

その他、2008年創業の日本のエウレカを2015年に買収し、エウレカの出会い系サイト pairs と Couplesを取得している。

Match-Group-ARPU

ユーザーあたりの平均課金額は北米の伸びが鈍化しているが海外では伸びている傾向。

Facebookのマッチングサービス進出の影響

Facebookがデーティング機能を提供するということでMatch Groupの株価は-22%まで下落していた。

Match-Group-Facebook

Match GroupとしてはFacebookに完全に依存しているわけではなく、備えはしてきたと。そしてマッチングアプリはかなり利用シーンが細分化されており「Winner take All」が通用する市場ではないと主張する。

また、仕様変更によってすでに75%のユーザーがFacebookサインアップを利用していないと反論。

確かにマッチングアプリの勢力図としてはかなり多様でカテゴリごとに分かれている。

マッチ・グループの業績推移グラフ

(2017年はTTM)

Match-Group-Outlook

Match-Group-Leverage

マッチ・グループの株価

とデーティング・アプリ市場の拡大には強気だが、競争は激しい。

マッチ・グループの競合デーティング・サービスはTinder共同創設者がTinderを去った後に女性視点でリリースした「マッチングしたら女性が最初にメッセージを送らなければならない(女性が受け身ではない)」Bumble(Matchからの買収提案を拒否している)や、「Your Turn」という会話促進の面白い仕掛けのあるHinge、Coffee Meets Bagel、Happn、Zoosk、Spark Networks(JDateとChristianMingle)など数多くあり、激戦だ。

マッチ・グループの決算を時系列でまとめる

Match Group ’18 Q1決算> 2018/5/8
EPS $0.26 予想 +$0.03
売上 $407M (+36.2% Y/Y) 予想 +$22.02M

Match Group ’17 Q4決算> 2018/2/6
EPS $0.18
売上 $379M (+28.5% Y/Y) 予想 +$17.02M

シェアする