マシモ【MASI】パルスオキシメータ等、患者モニタリング技術企業

Masimo

Masimo Corporation【MASI】
医療機器メーカーのマシモの投資家向け解説と決算まとめ。

非侵襲的(皮膚内や体の開口部への器具挿入を必要としない)患者モニタリングテクノロジで知られる企業。

Masimo Performance During Motion and Low Perfusion

マシモのパルスオキシメーター(脈拍数とSpO2をリアルタイムでモニター)は、患者の体動時(暴れる等)や低灌流時(心臓機能の低下などで血液が十分に末端に行き渡らない)などに強い。

Masimo RD Sensor System

侵襲的な手順(痛みを伴う針を差す注射などの採血)が必要とされた多くの血液成分を非侵襲的に計測することが可能となる製品を2005年より発売し、これによって生命リスクのあるイベントを早期検知し処置することができ導入が進んでいる。

Masimo Pulse rainbow SET measurements include

マシモ決算

決算の度にこの記事に更新・追加予定。

<マシモの株価>

1989年にガレージスタートアップとして創業されたマシモは今や世界中で1億人の患者を支える先進的デバイスメーカーに成長した。

すでに米国のTOP20の病院のうち17の病院がマシモのパルスオキシメーターを導入している。

マシモの画期的な非侵入型モニタリング技術は、OEMパートナーへのライセンス提供によってPhilips、Atom、Datascope、GE Medical、Medtronic、Spacelabs、Zollなどの主要企業のモニタリングデバイスの中にも組み込まれている(サーキットボードがSpO2と脈拍数を計算し出力)。

Masimo SETパルスオキシメトリテクノロジのライセンス提供によって普及スピードは想像以上に早かった。

マシモの決算を時系列でまとめる

Masimo ’17 Q4決算> 2018/2/27
EPS $0.72 予想 +$0.11
売上 $225.2M (+22.9% Y/Y) 予想 +$23.81M

Masimo ’17 Q3決算> 2017/10/31
EPS $0.70 予想 +$0.17
売上 $193.7M (+15.6% Y/Y) 予想 +$5.09M

Rad-97  and Rad-67: Next Generation of Compact Portable Patient Monitors

非侵襲的な血圧・体温などの患者モニタリングをコンパクトに提供するポータブル新製品Rad-97とRad-67も期待されている。

シェアする