WD-40【NASDAQ:WDFC】米国の家庭の8割で常備されている防錆潤滑剤メーカー

WD-40

WD-40 Company(NASDAQ:WDFC)は日本でいうKURE 5-56(クレ 556)のような防錆潤滑剤「WD-40」を世界176ヶ国で販売するほぼ潤滑剤一本打法のメーカー。

同社の名前にもなっている防錆潤滑剤の主力製品「WD-40」は約5ミクロンの薄膜で対象の表面を覆うことで湿気や酸素から金属を保護しサビや腐食から防ぐ製品で、米国の家庭の8割にWD-40が常備されている。

コカ・コーラの秘蔵レシピと同じく「特許を取らない(で守る)という選択肢をあえてとった」というのがWD-40の面白いポイントの1つ。

本記事は note 米国の家庭の8割で常備されるNASAクオリティの防錆潤滑剤メーカー「WD-40」1. 特許をあえてとらず秘蔵レシピ化、2.中核事業はコツコツ成長を持続 の無料部分として公開しています。詳しい業績が知りたい方は上記noteを参照ください。

読者にわかりやすいように、まずはWD-40類似商品として「クレ556」ならご存知かと思われるのでそこから解説していこう。

KURE-5-56_CRC-Industries

WD-40は1953年設立、クレ556の開発元の米国CRC Industriesは当初は腐食(サビ等)防止製品を主力として1958年創業。日本では呉工業が1962年からCRCの浸透潤滑剤CRC5-56を導入している。

というわけでWD-40の方が元祖というわけですね。

それどころか、WD-40はもともと宇宙ロケットに求められる基準をクリアできる超浸透性防錆潤滑剤を研究していたノーム・ラーソン氏(創業者)が40回目の試作でようやく完成させた防錆・除錆剤。

それゆえもともとの社名はロケットケミカルカンパニーでした。

NASAの整備用に指定されているほどプロフェッショナル・クオリティ(日本防錆技術協会の防錆剤性能試験によると他社製品に比べ持続性160%という防錆効果 出所:エステー)で、米国の8割の家庭にWD-40というように、シェアはWD-40が圧倒的。

サビ落とし・サビ防止ともに日本ではよりポピュラーなクレ556より有能ではないかと筆者は考えます(個人の感想です)。

「特許を取ればいいってもんじゃない」 WD-40が特許を取らなかった理由。

WD-40_recipe

NASAで正式採用されるほどの製品を開発したのならば特許をとっていてもおかしくはないところ、あえて特許を取らなかったWD-40

コカ・コーラやケンタッキーがレシピを秘蔵の門外不出として、特許を取らない理由は、ざっくりいえば「特許を取ると世界に公開されてしまう」ので特許をとったら必ずしもビジネスが守られるかというとそういうわけではない、という点。

特許をとったら安心という誤解がありがちですが、実際のところ特許をとったら制度的に公開されてしまい、競合他社に研究材料をあたえてしまうので、ノウハウレベルであれば門外不出とした方が良い場合があるということですね。

特許取得が有効だった例としてはAmazonの1クリック特許はサンプルでしょうか。

Amazonは米国において1997年にAmazonが特許出願し、そして2017年に1-Click特許が失効したことが話題でした。このように出願日から20年経ったらその特許の独占権は消滅します。

ただ、100年以上のスパンでビジネスの保護をみすえた場合、レシピや製法など特定の領域の話ではありますが、特許をとらないこともビジネスとしての選択肢なのですね。

知的財産に対する考え方は戦略が多岐に渡って面白いです。公開すべきか、ノウハウとして門外不出とするか。

防錆潤滑剤でコツコツ成長してきたWD-40

WD-40_History

1953年創業のWD-40の社名の由来はこうです。

“It took them 40 attempts to get their Water Displacing formula to work, but on the 40th attempt, they got it right in a big way.”

腐食防止のための水置換(Water Displacement:水に濡れた物質の表面からその水を剥がす)40回目に成功し製品が誕生したという経緯から。

WD-40_Target

まさに一家に一台、保護・防錆(サビの防止)などの目的で使われる。使用量でみると工場や現場などでの需要が主体となる。

WD-40_for_Specialist

また、上図のようなプロフェッショナル向け(スペシャリスト・ラインナップ)の伸びが大きい。

WD-40_Premiumization

WD-40自体の製品のマージン拡大に寄与する高付加価値版のラインナップ増強。

WD-40_Premium_EZ-REACHE

たとえばWD-40 EZ-REACHは強度のあるノズルで届きづらい場所に噴射しやすいなど。クレ556のようなスティックタイプは販売していないようだ。

WD-40_Model

WD-40_Cost-of-Business

WD-40は規律あるビジネスモデルとして55/30/25目標を設けている。

グロスマージン55%、ビジネスに直接関係のあるコスト35%、EBITDAマージン25%

WD-40_Can_Cost

WD-40の最も一般的な缶のコスト内訳を見ると興味深い。

そういえばプラスチックは今世界的に問題となっているので影響はどの程度だろうか?

WD-40_2025

WD-40は2025年の目標を上記のように掲げている。

The-Road-to-2025-and-Beyond

地域別でいうとアジア・太平洋での伸びに期待しているようだ。

WD-40_Geographic-Expansion-Oppotunities

WD-40がみる国別の市場機会は上記のようになっている。

WD-40_Project

スペシャリスト・ラインナップ拡大で補強。

WD-40_Product-line

この下段のWD-40ブランド製品群がなぜダメだと思うのか?について書きたかったが全部書いてしまうとマガジン購読者に申し訳ないので興味がある方はWD-40にデータを中心に詳細にまとめたマガジンを読んでいただきたい。

WD-40_Segment

セグメントで分けると上記の通り。

WD-40_Culture

従業員のエンゲージメントは高いようだ。

WD-40の業績推移グラフ

このグラフ元データはMorningstarからで、筆者はノーチェックなので必ずしも正確なわけではないことを注記しておく。実際ROICが会社資料と違うし、参考程度で。

WD-40_ROIC

筆者自身が過去IRをつぶさにチェックして構成した会社資料に基づくセグメント別売上高推移グラフ、地域別売上高成長率、20年間の売上高・グロスマージン推移、などビジネスデータはnote「月刊 米国株決算祭り」でマガジン形式で提供しているので、より深いデータや考察および最新の決算について知りたい場合は以下を参考にしてください。

WD-40の株価

WD-40の決算を時系列でまとめる

WD-40 ’19 Q1決算> 2019/1/9
EPS $0.95 予想 +$0.03
売上 $101.28M (+3.8% Y/Y) 予想 +$2.18M

シェアする