レスメド決算まとめ【RMD】睡眠呼吸障害の治療機器のパイオニア

ResMed-RMD
ResMed, Inc.【NYSE:RMD】
睡眠医療のグローバルリーダーであるレスメド決算のまとめ記事。

睡眠呼吸障害の治療機器のパイオニア。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)、閉塞性睡眠時無呼吸 (OSA)などの非侵襲的治療法を確立したシドニー大学のコリン・サリバン教授が1989年に設立。

スポンサーリンク

レスメドは睡眠呼吸障害治療機器の実績をコツコツと積み上げてきた。

設立当初はわずか9名の従業員しかいなかったが今ではグローバル大企業に成長。

NYSE-RMD-STOCK-PRICE

これはResMed AirFit P10という人工換気マスクを実際に装着する解説。

ResMed-Portfolio

コツコツと業績を積み上げている。

ResMed-Airview-has-over-6-million-patients

世界最小の手のひらサイズの睡眠時無呼吸治療装置(CPAP)である「レスメド AirMini」の医療機関向けレンタルなどが需要を拡大しそうだ。

RMD-mix

ResMed-Big-data

レスメドの業績推移グラフ

リーマン・ショックすら全く業績にダメージのない優良株だった。

レスメドの株価

2017年にボリュームがスパイクしているがこれはS&P500株価指数に2017年7月26日に採用銘柄として組み入れられたため。

レスメドの決算を時系列でまとめる

ResMed ’18 Q2決算> 2018/1/22
EPS $1.00 予想 +$0.22
売上 $601.27M (+13.4% Y/Y) 予想 +$20.95M

スポンサーリンク

シェアする