ルメンタム・ホールディングス決算まとめ【LITE】レーザー事業などフォトニクスがコア

Lumentum Holdings Inc【NASDAQ:LITE】
ルメンタム・ホールディングスの解説と決算のまとめ記事。

光通信事業、商業レーザ(3Dセンサー主要部品の垂直共振器面発光レーザー、ファイバーレーザー)事業などフォトニクスをコアに幅広く事業展開。

Lumentum Optical Communications Market Trends

メトロネットワーク(モバイル基地局や光アクセスとコア網、データセンター間をつなぐ通信網)の100G拡張で100Gで競争力のあるポジションを築いているルメンタムには追い風。

Lumentum Telecom Growth Catalysts

従来の10ギガビット/秒ネットワークから100ギガビット/秒ネットワークへの移行で恩恵をうける。

Lumentum Datacom Growth Catalysts

Lumentum Commercial Lasers Growth Catalysts

ファイバーレーザーが伸びている。

ファイバーレーザー事業に関して、ルメンタムに出資している日本の金属加工会社アマダホールディングスと提携関係。

(もともとレーザ発振器の共同開発・供給パートナーとして、ルメンタムが分社化される前のJDSUとアマダは提携関係。)

ファイバーレーザー搭載するとどんな金属加工ができるかは上記提携先のアマダの動画で一発でわかる。

Lumentum 3D Sensing Growth Catalysts

ルメンタムはVCSEL(垂直共振器面発光レーザー)のメーカーでVCSELは3D顔認識などで必要な3Dセンサーの主要部品。

顔認識技術はiPhone Xや顔認識決済、顔認識で無人コンビニに入店など急速に普及が始まっている。

ルメンタム・ホールディングス決算

決算の度にこの記事に更新・追加予定。

<ルメンタム・ホールディングスの株価>

フォトニクス技術をコアにした興味深い企業だが、スピンオフ後の株価3倍の上昇で期待は先行し、かなり過熱感もあるので注意。期待に業績がついていくかどうか。

2018/3/12に光送受信モジュールなど光学部品メーカーのOclaro(オクラロ NASDAQ:OCLR)を17億ドルで買収することを発表。

ルメンタム・ホールディングスの決算を時系列でまとめる

Lumentum Holdings ’18 Q2決算> 2018/2/6
EPS $1.67 予想 +$0.55
売上 $404.6M (+52.7% Y/Y) 予想 +$46.82M

Lumentum Holdings ’18 Q1決算> 2017/11/1
EPS $0.43 予想 -$0.10
売上 $243.2M (-5.8% Y/Y) 予想 -$11.91M

テレコムの100G需要が期待ほどではなかった可能性が指摘されている。

シェアする