ロックウェル・オートメーション【ROK】産業オートメーションもプラットフォーム戦略へ。

Rockwell-Automation
Rockwell Automation, Inc.【NYSE:ROK】
ロックウェル・オートメーションは産業用自動制御機器メーカー。

生産性の向上、グローバルな競争力強化、高齢化と労働力人口の推移をふまえると産業オートメーションの未来は明るい。

産業用オートメーションと情報ソリューションが中核

ROK-platform

産業用IoTIIoT: Industrial Internet of Things)の拡がりがロックウェルの成長ドライバーになりそうだ。

産業オートメーションに変革をもたらす「コネクテッドエンタープライズ」の触媒である産業向けに拡張性のあるIoT(モノのインターネット)によって生産性を高める。

さっそくロックウェルは電子機器受託生産企業の鴻海精密工業(フォックスコン)と提携し、コネクテッド・エンタープライズとIIoT向けソリューションの開発・導入で提携。産業オートメーションを加速させるスマート製造で協業。

スタンドアローン型の産業用コンポーネント以外でも、近年複数の企業と協業したプラットフォーム化の動きが活発だ。

ROK-partner

たとえば、ファナックとシスコシステムズ、ロックウェルオートメーション、Preferred Networks(深層学習技術で注目されている新興企業)という業界のリーディングカンパニーの4社が2016年4月に製造業向けIoTプラットフォーム「FIELD system」を発表している。

センサーメーカーやロボットメーカーなどサードパーティ(第三者企業)が自由にアプリケーション開発できるエコシステムを形成するオープンなプラットフォームを目指すという。

この記事は未完成です。加筆時にTwitterでお知らせします。

ロックウェル・オートメーションの業績推移グラフ

比較的安定したフリーキャッシュフロー推移。

ロックウェル・オートメーションの株価

2017年11月に電子・電気機器の米エマソン・エレクトリック(NYSE:EMR)から290億ドルの提示による買収提案を受けたが拒否している。

ロックウェル・オートメーションの決算を時系列でまとめる

Rockwell Automation ’18 Q1決算> 2018/1/24
EPS $1.96 予想 +$0.22
売上 $1.59B (+6.7% Y/Y) 予想 -$10M

シェアする