アンフェノール【APH】コネクタメーカーとして世界トップクラス

Amphenol
Amphenol Corporation【NYSE:APH】
アンフェノールはインターコネクト製品で世界トップクラスの企業。

電気、電子、光ファイバーコネクタ、同軸コネクタ、センサ、アンテナ、同軸高速特殊ケーブルを設計、製造、販売。

軍用から産業向けコネクタへ

1932年に米国でコネクタメーカとして創業し、第二次世界大戦の軍需によって発展

アンフェノールはMIL規格コネクタ(米軍用規格のコネクタ)に強く、米軍航空機に搭載される電子機器接続用に厳しい基準で規格化されていただけあって耐衝撃・耐振動・長期耐用性に優れ、民生用コネクタよりも頑丈な信頼性の高さが特徴。

現在は世界的な総合コネクタメーカーとなり産業用コネクタの豊富な製品ラインアップを多くの買収によってさらに拡大しつつある。

コネクタとは、たとえば…

R-VPX

APH-M23

こういった配線を接続するために用いられる部品。

APH-Sales-by-market-segment

売上構成としては民間航空機を含む航空・防衛、宇宙システム・プログラム、鉄道車両、建設機械、ファクトリーオートメーション、EV(電気自動車)、エネルギー、携帯基地局、プラント等。

APH-Sales-by-region

売上高の地域別構成もバランスが良い。

細かいことは後日掘り下げて解説・追記する。

アンフェノールの業績推移グラフ

(2017年はTTM)

安定した業績推移。

アンフェノールの株価

アンフェノールの決算を時系列でまとめる

Amphenol ’18 Q2決算> 2018/7/25
EPS $0.90 予想 +$0.05
売上 $1.98B (+18.6% Y/Y) 予想 +$90M

Amphenol ’18 Q1決算> 2018/4/25
EPS $0.83 予想 +$0.03
売上 $1.87B (+19.9% Y/Y) 予想 +$60M

モバイル機器、軍事用、産業用、商業用航空機、自動車用など幅広いセクターで既存事業が成長。

21.1%の増配とともに20億ドルの自社株買いを発表。

Amphenol ’17 Q4決算> 2018/1/24
EPS $0.86 予想 +$0.04
売上 $1.94B (+17.6% Y/Y) 予想 +$140M

シェアする