私が1億円をどう投資配分しているか

債券は保有していない。10%程度のキャッシュ、居住不動産(キャッシュで購入)、そして残りは大半が米国上場株で日本株と中国株も少々。

基本的に当ポートフォリオはVOO(S&P500ETF)とXLP(生活必需品セクターETF)の間のリターンが(私に)期待されている。

当ポートフォリオはPERはあまり気にしていない。
キャッシュフロー推移ビジネスの持続可能性/耐久性を最重要視し、あとはEPS推移やらその他多数フィルタしている。
(そのためPERだと異常値のAmazonはFCFでみると問題がないため保有している)

投資先は継続的にアニュアルレポートはもちろんカンファレンス内容も全部確認する。
投資が趣味化していないとこの銘柄数は時間がかかりすぎるし、「分析」したところで報われる保証などないので(相場は無慈悲)
トータルの合理性でみればVTIやVOOなどのETFに投資放置して自分の事業やサラリーに集中するのが全体のリターンとしては良いのではないかと思います。

私は「優良企業のビジネスの一部を保有する」という直接的満足感がプライスレスで結果に「納得」できるのでそうしています。

スポンサーリンク

Weight(投資配分)順に見てみる。

全体としては金利上昇に弱いポートフォリオです。


このように最近は金利急騰シナリオが去ったように見えるので安心しているが油断はできない。

ありがちなポートフォリオではあるが、私が他の人のポートフォリオを見るのが好きなのできっと同じように好きな人がいると思い、
また、晒すことで書き直したりするのが面倒で売買抑止になりそうな期待もしている。

投資配分500万円超えグループ(1947万円)

MO PM MKC
ここまでWeight高めるつもりはなかったが結果的にこれだけで2割近いWeightになっている。
タバコは顧客減セクターだが嗜好品として値段引き上げ余地もありまだ見限れない。
IQOSなどの世界的普及と定着を見極めたい。
IQOSブームがくるとみて投資したPMだったがそれだけで投資した分はもう利益確定したい衝動にかられる。
マコーミックは調味料世界最大企業だが、しいてリスクを挙げるならミールキットの普及かな。
詳しくはいずれ記事を書く。

投資配分300万円~グループ(2381万円)

UL AMZN CHD ROL CLX CL JNJ
ここまでの10銘柄で計4328万円の投資配分。
約300万円以上のWeightの銘柄までで40%近いWeightとなっている。
大半のリターンをここまでの10銘柄が決めるということだ。
10銘柄はAmazon以外は全体的にはディフェンシブ銘柄だ。
ただイノベーションによる破壊者側Amazonは全体のビジネスのヘッジとなっているのでむしろWeightはいずれ増やしたい。
それぞれの銘柄は株価がプレミアム値で取引されているので割安とは思えないが放置と決めている。

投資配分200万円~グループ(2465万円)

DPS PEP CNI PG HRL V UNP KHC LMT VOO
ここまでで計6793万円の投資配分。
200万円~300万円のゾーンからようやくディフェンシブセクター以外がちらほら見えはじめる。
まずは鉄道が2銘柄。P&GのWeightの一部を花王にでも少し配分したかったが時すでに遅しか…
コカ・コーラは無能CEOがようやくいなくなったので検討したいがDPSとPEPを削る意欲もでないしまあいいや。

投資配分100万円~グループ(2796万円)

GE NKE HD ECL CTAS HBI SBUX FB WMT DIS CVS BDX KR BA MSFT DEO GIS ABT BRK.B XOM KMB RSG
ここまでで計9589万円の投資配分。
100万円~200万円Weightのゾーンは個人的には弱気の銘柄が出現するゾーン。
GE CVS KRあたりはまだ苦戦時期が続きそうな気がしている。
Weight調整するならこいつら減らしたいけど私が減らした時が底だったりする。
底だと思って買ったNIKEやヘインズブランズもさほど浮上してくれないし。

投資配分50万円~グループ(1187万円)

WM ADM BCR GOOGL GD ZTS RTN SHW WBA GSK NOC UTX GILD APH VFC AMGN ESRX PFE MRK
ここまでで計1億776万円の投資配分。
50万~100万のゾーン 割高天井覚悟で買った銘柄や利益確定後の銘柄が多いのでWeightが最初から低かったりするものが多い。

投資配分20-40万円グループ(424万円)

SJM MDLZ ABBV ULTA MMM BABA HSY EL NVDA TSLA VHT FL JPM
ここまでで1億1200万円の投資配分。
20-40万円のゾーンはさらに天井覚悟のものの打診買いが多い(ULTA BABA NVDA TSLA FL)が
総じて400万程度なので全体への影響は少ない。
ULTAが大化けしてるといいな程度。
アリババは投資先中国株(77万円ほど)のテンセントのWeChat決済圏戦略のライバルであり中国圏クラウドの成長も見込んで新高値ブレイクしそうだったので小さく仕込んでいたが、小さすぎて全体に影響を及ぼしていない。

ここまでの全保有企業の中でTSLAだけが投資方針の中ではいびつだ。
これは自分がこうあってほしい未来を作ってくれそうなイーロン・マスクの”錬金術”に対するちっぽけな寄付のようなもので
本当の意味での「企業を応援するための」株式投資だから。最悪紙切れになってもいい(よくない)。

それ以外の私の株式投資に関しては単に(優良だと判断した)ビジネスの一部(株式)を保有し一欠片のオーナーになる権利を買っているにすぎない。
投資はお金儲けではなく純粋に企業を応援するものだとか言ってる人は希薄化しまくっている企業の株を買っているのだろうかね?

ともあれ、相場は天井感もあるし、ここから上にいくかもしれないし


なんともいえない相場だけれど、NYtimesのような煽りメディアは放置して
企業の経営状況の定点観測を続けたい。

下落すればキャッシュでバーゲンセールだし、上にも下にも予想不可能なので
キャッシュ比率だけ気をつけて市場に居続ける。

おまけ:ティッカーが見慣れていない人用

1947万
アルトリアグループ フィリップ・モリス マコーミック

4328万(2381万)
ユニリーバ Amazon チャーチ・アンド・ドワイト ローリンズ クロロックス コルゲート ジョンソン・エンド・ジョンソン

6793万(2465万)
ドクターペッパー ペプシコ カナディアン鉄道 P&G ホーメルフーズ VISA ユニオンパシフィック クラフトハインツ ロッキード・マーティン VOO(S&P500ETF)

9589万(2796万)
GE NIKE ホームデポ エコラボ シンタス ヘインズブランズ STARBUCKS Facebook ウォルマート ディズニー CVS ベクトン・ディッキンソン クローガー ボーイング Microsoft ディアジオ ゼネラル・ミルズ アボット・ラボラトリーズ バークシャー・ハサウェイ エクソンモービル キンバリー・クラーク リパブリックサービス

1億776万(1187万)
ウェイストマネジメント アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド CRバード GOOGLE ゼネラル・ダイナミクス ゾエティス レイセオン シャーウィン・ウィリアムズ ウォルグリーン グラクソ・スミスクライン ノースロップ・グラマン ユナイテッド・テクノロジーズ ギリアド アンフェノール VFコープ アムジェン エクスプレス・スクリプツ ファイザー メルク

1億1200万(424万)
JMスマッカー モンデリーズ アッヴィ アルタビューティー 3M アリババ ハーシー エスティーローダー NVIDIA テスラ VHT(米ヘルスケアセクターETF) フットロッカー JPモルガン

1億円ポートフォリオの現在
アメリカ部方針転換につき、しばらくは保有銘柄・投資検討銘柄の個人的な定点観測を中心に行います。 米国株主体ですが、日本株・中国株を含めると正確には1億1000万円を超えているポートフォリオです。 ...
スポンサーリンク

コメント投稿後は反映までしばらくお待ちください

メールアドレスが公開されることはありません。